楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

大阪文化の発信拠点「通天閣」 通天閣観光西上社長、高さでなく面白さ追求(1)

大阪のシンボル「通天閣」。高さ108メートルの通天閣より高い塔やタワーは五万とあるが、ここ10年、毎年100万人以上が入場する人気を誇っている。「通天閣という文化伝統(2007年5月に国の登録有形文化財に指定)を守ることは、リノベーションの積み重ね」という、通天閣観光社長の西上雅章さんに話を聞いた。

通天閣

大阪のシンボル通天閣。
高さは108メートルだ

あべのハルカス誕生も武器に

西上さんが家業の通天閣観光に戻ってきた1980年代後半、通天閣は「瀕死の状態」だった。事務所の窓はガラスのかわりにベニヤ板、机やオフィス家具は西上さんが「錆びた包丁」という日立のお下がり(切っても切れない関係という意味…納得)。それがNHKドラマ「ふたりっ子」ブームで光明が差す。同時期に社長に就任した西上さんは「高さでは太刀打ちできない。日本一面白いタワーにしよう」とぶち上げた。

「日本一の高層ビルあべのハルカスができた時、知り合いの記者から『社長たいへんですね』と言われたんです。でも、私は相乗効果で通天閣の入場者は落ちないと言い切った。その通り、うちは変わらず多くの方にお越しいただいています。うちから見るハルカスは最高にきれいとPRしてますよ」と笑う。

通天閣

あべのハルカスが美しい

(次の記事)大阪文化の発信拠点「通天閣」 通天閣観光西上社長、高さでなく面白さ追求(2)

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
この景色、世界級―島根隠岐へ

地球が一つの生命体であることを示すように海面から垂直にそそり立つ断崖、人知の及ばぬ造形物で...

行けば行くほど熱いぞ北陸福井編

北陸特集後編は福井県。北陸新幹線敦賀延伸で、いよいよ福井に全国から注目が集まる。福井の湯ど...

行けば行くほど熱いぞ!北陸石川編

2023年に敦賀延伸が予定されている北陸新幹線。延伸に向かって着々と工事が進められている。...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ