楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

オンラインツアーに活路 京都・ウイニングトラベルサービス常田学社長に聞く(1) 「京都の今」シリーズツアー化

インバウンドを含めて観光客でごった返していた京都は今、本来の落ち着いたたたずまいに戻っている。そんな京都を「映像に残しておくのは今しかない」と、京都市西京区のウイニングトラベルサービス(常田学社長)がコロナ禍の2020年4月から取り組む映像配信「京都の今」。その取り組みはオンラインツアーに発展、先駆的にオンラインツアーを仕掛ける常田社長に話を聞いた。

今だからこそ「本来の京都の姿」を 集客に苦労も

−改めてオンラインツアーを始めた動機を教えてください。

昨年4月、コロナ禍に見舞われた京都市内の観光地を見たとき、あまりにも人がいなくて驚いたと同時に、静かな京都のすばらしさを実感しました。こんな魅力的な京都を映像として記録し、多くの人に本来の京都の姿を知っていただこうと、フェイスブックを使って「京都の今」をライブで無料発信し始めました。当初10人ぐらいだったのですが、視聴いただく方がどんどん増えていき、半年ほどで1千人を超えました。

そこで、静かな京都を感じていただく京都市内のオンラインツアーを「バスガイドと歩く」というコンセプトで行うことにしました。

−これまで、どのようなツアーを造成してこられましたか。

清水地区のバスガイドツアーを7月に始めたのを皮切りに、8月には京都西山地区のバスガイドツアー、今年4月には錦市場と新京極散策オンラインツアーを実施しました。5月に入ってからは、知恩院門前から祇園白川地区までのバスガイドツアー、宝泉院と勝林院住職による案内オンラインツアー、泉涌寺から東福寺にかけてのオンラインガイドツアー、大原花祭り後の法要−巫女舞−今様の儀式を勝林院からオンライン配信しました。

また16日には、初めての海外旅行バージョンとして、京都市内の旅行会社5社が協力してソウルオンラインツアーを実施しました。

ウイニングトラベルサービス

京都の名刹、南禅寺のオンラインツアーの一コマ。
バスガイドが案内してくれる

−ツアーにはどれくらいの人数が参加し、どんな客層なのですか。

最初に実施した清水地区バスガイドツアーが最も売れました。オンラインツアーだけでなくリアル参加もOKで、15人が参加されました。ただ、先日行ったソウルのツアーは初めての海外でありながら24人にご参加いただき、驚きました。

ツアー参加数の平均は10人で、京都市内はほとんど中高年の男性です。京都のオンラインツアーに男性が多いのは、京都の寺院ファンは基本的に男性が多いということだと思います。

オンラインという非現実的なものにお金を使うマーケットは、男性だと捉えています。女性は現実的なものにお金を使う傾向にありますから。ソウルだけはほとんどが女性でしたが。

−もっとも苦労されていることは、どういったことでしょう。

やはり集客ですね。お客様自身がオンラインツアーを見ることのできる環境下にないということが、一番の要因だと思います。ツアーではZOOMを使いますが、場合によっては音声が届かない場合があります。ZOOMは基本的には会議ソフトなので、動き回るツアーのライブ配信には不向きです。

(次の記事)オンラインツアーに活路 京都・ウイニングトラベルサービス常田学社長に聞く(2) 利益率高く、中小もチャンス

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
聖地の旅から始まる伊勢志摩観光新時代

「新しい生活様式」は生活に浸透し、「新しい旅のスタイル」は各地が模索を続け、確立されつつ...

湯どころ北陸流ウィズコロナの旅福井あわら編

“ウイズコロナの旅”を推進する北陸を紹介する今回の福井県あわら温泉の魅力にスポット。未だ...

湯どころ北陸流ウィズコロナの旅石川山中編

“ウイズコロナの旅”を推進する北陸を紹介する今回の石川県山中温泉の魅力にスポット。未だ制...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ