楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

物販事業で現地と旅行会社をつなぐ 九観連・西住憲幸大阪本部所長に聞く(2) 顧客との関係保つ「九州の食たび」

−現在取り扱っている商品の魅力を教えてください。

九州の当会会員施設に交渉し、長崎カステラや熊本の馬刺し、鹿児島のかるかん、さつま揚げなど、各県の名物や特産品をラインナップして、紹介しています。

物販で旅行会社の収入補填につなげてもらうのはもちろん、もう一つの目的としては旅行会社の皆さんが普段取り引きのあるお客様と話をするきっかけに利用していただけるような商品をそろえました。

コロナ禍で旅行の検討を提案すること自体が厳しい状況のなか、物販をご提案いただくことで、お客様との関係が切れないようにご活用いただければと思っています。

−他の物販商品との違いを教えてください。

九観連という九州観光のプロ集団がセレクトした商品ばかりですので、商品には自信を持っています。いずれの商品も販売手数料20%を基本として造成しており、旅行会社にも販売しやすく利益にもつながるようになっています。

「食たび—肉祭り」の商品では、その地域の旅館ホテル推奨商品として造成しているほか、実際に各施設の仕入先の商品をご提供いただいています。

壱岐牛のステーキ

九州各地の魅力的な特産品を旅行会社にあっ旋販売
(写真は壱岐牛のステーキ)

−今後の展開を教えてください。

当初は九州各県の名物や特産品を販売していましたが「九州の食たび」として肉祭りや海鮮祭りといったようにテーマを絞りこんだ新たな商品ラインナップを設けて更新しています。今回は期間限定でフルーツをテーマにしたものを提供しました。今後は旅館ホテルお勧めの商品にも注力しようと思っています。

最終目的は物販を通して知っていただいた九州の食の魅力を通じて、アフターコロナ時に旅行会社から当社加盟施設の利用促進につなげていくということですね。

この取り組みは当社加盟グループだけでなく、九州観光全体を盛り上げることにもなると思いますので、要望が多ければ継続して物販を実施していこうと思っています。

(前の記事)物販事業で現地と旅行会社をつなぐ 九観連・西住憲幸大阪本部所長に聞く(1) コロナ禍苦境打破へ支援策

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽から始めるウィズコロナの旅

東京や関西などの緊急事態宣言が6月20日にようやく解除された。引き続き感染予防の徹底は求め...

スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ