楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

観光産業の“革新”を学ぶ 都市活研とFITが講座開講

既存の観光産業の革新や起業を志す人に広く門戸を開く「観光イノベーションアカデミー」が始まった。公益財団法人都市活力研究所とFITが開講したもので、持続可能な観光立国の実現に向けたプラットフォームづくりを視野に入れる。今年度はトライアルとし3月まで計4回の講座を無料で開講する。

初回の講座は12月4日、まちづくり観光研究所の山田桂一郎主席研究員が講演。大阪市北区の都市活力研究所セミナールームには約20人が集まった。

観光マーケティングの概論をテーマに話した山田さんは「観光は、農林水産業や商工業などいろんな産業を巻き込んでやる産業です。どう自立させるのかという地域を経営する視点が観光業には欠かせません」とし、自身が基盤を置くスイス・ツェルマットの地域経営の手法を伝えた。

観光イノベーションアカデミー

第1回講座で山田さん
の講演を聞く受講者

ツェルマットは名峰マッターホルンを望む風光明媚な村だが、村を訪れるには馬車か電気自動車しか手段がない。村全体のベッド数はここ30年間、約1万3千床でほぼ変わらない。

「泊まらないと来られない村なので、入込客数は変わりません。リピート率も高い。それでも観光消費額が増えるのは単価が上がるからです。リピーターの単価を上げるためには、ひたすらサービスを進歩、進化させているということです」

「ツェルマットには電気自動車の会社が2社あり、ハムやチーズ、地ワインを製造しています。電力も自給です。結果、観光客の使うお金が外に出ず地域内で回ることになります。地域全体で稼ぐ視点が、ツェルマットを選ばれ続ける観光地にしているのです」

だが、山田さんは資源が豊富で多様性のある日本の方が稼げると断言する。「コンテンツとは素材です。コンテンツの本質的な価値をプロダクトして次世代につないでいくことこそ求められているのです」と伝えた。

講演後、参加者と車座になって質疑、意見交換をした。

観光イノベーションアカデミーは次回1月18日、吉日媒體行銷有限公司の吉田皓一氏さんが海外マーケットについて話す。

詳細はFITのホームページ(http://f-i-t.jp)から。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岐阜で心揺さぶる絵になる旅

豊かな山々、山間を悠々と流れる清流。岐阜県の魅力は雄大な自然が魅せる四季折々の風景だ。その自然...

勢い立ち上る北陸湯けむり紀行福井富山編

北陸特集後編は福井県と富山県にスポット。新幹線開業で沸いた富山に続き、2023年の敦賀延伸では...

勢い立ち上る北陸湯けむり紀行石川編

新幹線開業でもはや首都圏からも流れが確立された北陸。2023年には敦賀延伸も予定されており北陸...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ