楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

旅行業、受入、サービス手配業の新たな関係 ANTA大阪・本紙共催「旅行業、観光業が元気になるシンポ」(1) 観光産業の政治力を高めよう

本紙は、一般社団法人全旅協大阪府旅行業協会(吉村実会長=歓喜旅行サービス)と共催で9月11日、大阪市中央区の道頓堀ホテルで「旅行業、観光業が元気になるシンポジウム」を開催した。今年1月の旅行業法改正で創設された旅行サービス手配業、旅行会社、旅館ホテルなど受入機関との関係性を高める趣旨で実施し約90人が出席した。

案内所に求められる役割 リアルな情報の媒介者

第1部は、兵庫県・城崎温泉の西村屋取締役会長でオーサカゼンリョ協力会の西村肇会長が「旅館ホテルの経営者が求める案内所(旅行サービス手配業)の姿」をテーマに講演。

西村会長は「これからの宿泊施設は自施設の情報だけでなく、まちや周辺のリアルな情報を案内所に流すことで魅力ある地域であることを旅行会社に伝える営業をしなくてはいけない。案内所もそういった情報を取りにきてほしい。また営業の現場で旅行会社や旅行客が何を今求めているかの情報をキャッチし、現地旅館に伝えることが重要」と訴えた。

また地域間競争が活発化するなか「どこのまちづくりが成功しているのかといった情報も現地に伝えてほしい」。さらに「現地情報を知らずにカタログやパンフレット重視の商売をしていては旅行会社は生き残れない。現地のリアルな情報を活かせる中小旅行会社との関係を案内所は密にしてほしい」とした。

旅行業、観光業が元気になるシンポジウム

90人を超す参加者で、
会場の道頓堀ホテルが満席に

次いで一般社団法人全国旅行業協会(ANTA)の有野一馬専務理事が「旅行業法改正が目指すカタチ」と題し講演。2016年1月の軽井沢の事故を通して貸切バス事業と旅行会社の関係から道路運送法や今年の旅行業法改正につながったことを伝えた。

「旅行業法の改正は消費者に納得いただける安全・安心な旅行サービス提供するために行われたもので、旅行会社や旅行サービス手配業者は安全管理と取引の公正が求められている」とし、健全な業界を目指すための協力を求めた。

(次の記事)旅行業、受入、サービス手配業の新たな関係 ANTA大阪・本紙共催「旅行業、観光業が元気になるシンポ」(2) 業界発展へ良質な品質と適正な価格

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
この夏、海の鳥羽がひと際かがやく

本格的な夏の旅行シーズンが目前に迫り、梅雨明けが待ち遠しい。全国の観光地では活況に備え、魅...

瀬戸芸・日本遺産に湧く香川小豆島

3年に一度の瀬戸内国際芸術祭。瀬戸内海の島々を舞台に、世界中からゲストを集めるビッグイベン...

世界水準の山岳高原リゾート長野県で過ごす夏

世界水準の山岳高原リゾート地を標ぼうする長野県。特集後編はビーナスラインから。その中核リゾ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ