楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

旅行業、受入、サービス手配業の新たな関係 ANTA大阪・本紙共催「旅行業、観光業が元気になるシンポ」(2) 業界発展へ良質な品質と適正な価格

「明日の観光産業を考える」

このあと、旅行ビジネスサポートの内田哲弘部長が「重大事故への対応と全旅保険」について話し、今年の4月から全旅協旅行災害補償制度に加入すると重大事故支援制度を全契約に自動セットされたことを報告。死亡事故や重傷者が発生した事故、社会的影響がある場合を重大事故として想定している重大事故支援制度は危機管理コンサルタントを旅行会社に派遣、事故対策本部の設置、事故情報の収集、被災者の家族対応などのメリットがあることなどを詳しく説明した。

第2部では「明日の観光産業を考える―旅行業と受入機関、旅行サービス手配業の新たな関係」をテーマにしたパネルディスカッションを実施。西村会長と有野専務理事に、全旅協大阪府旅行業協会の吉村会長、香川県高松市に本社を置く総合案内所エス・アール・シーの佐々木政夫社長がパネリストとして登壇した。

旅行業、観光業が元気になるシンポジウム

「明日の観光産業を考える」をテーマに
意見を交わしたパネルディスカッション

パネリストからは

▽「旅行業界も旅館業界も政治力がなさすぎる。政治力を持った強い団体を目指すべきだ」(西村会長)
▽「良質なサービスを提供することで、適正な料金をお客様から納得して出していただける環境づくりが必要だ。そうでないとこれからの旅行業の発展はない」(有野専務理事)
▽「台風21号の影響で自社の海外ツアーは多大な被害を受けた。しかし国内に振り替えて考えると、旅行会社や旅館ホテル、交通機関はキャンセルで損害を被っている。こうした損失をフォローできる保険の必要性を感じた。旅行会社、旅館ホテルなどが結束して働きかけられないものか」(吉村会長)
▽「旅行サービス手配業は国に認められる存在になったが、実際は何にも変わらず、老舗の案内所は閉鎖していっている。横の連携を取り社団法人をつくり、勉強会などを開ける団体をつくるべきだ」(佐々木社長)

などの意見が出された。

第3部は、ANTAの永野末光副会長(西日本トラベルサービス)の乾杯の音頭で懇親会が開かれ、参加者同士が元気に交流していた。

(前の記事)旅行業、受入、サービス手配業の新たな関係 ANTA大阪・本紙共催「旅行業、観光業が元気になるシンポ」(1) 観光産業の政治力を高めよう

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
北近畿冬のまんぷく紀行兵庫但馬編

新年一発目のトラベルニュースat地域特集は、兵庫県北部、但馬地方をクローズアップ。前号に続く冬...

北近畿冬のまんぷく紀行丹後宮津編

今年も冬がやってきた。それすなわち、至福の食の季節の到来も意味する。京都府丹後エリアは、カニ...

香川小豆島絵になる風景が輝く

香川県小豆島にビッグイベントが戻ってくる。2019年春、瀬戸内海の島々が舞台となる瀬戸内国際...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ