楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

東西の交流拠点、中国・西安で「シルクロード国際観光博」 日本からも旅行会社ら参加(2)

そして翌日、西安市南部の曲江国際会議センターで「西安シルクロード国際観光博覧会」が開幕。5度目の開催となる今回は世界43カ国・地域、中国国内32の省や市、自治区、500以上の出展者、国内外から450ものバイヤーが参加した。

今回のテーマは「革新的に発展する、高品質な文化と観光」で、4つのパビリオンには中国の旅行会社や観光局、ホテル、観光地、航空会社、海外など数多くのブースが設けられた。日本から来た旅行会社なども多く参加し、商談を行った。

各ブースでは、伝統民芸の踊りを披露したり、お茶を振る舞ったり、着ぐるみがブースに立ってアピールする光景をはじめ、PRチラシの配布よりもQRコードを使った取り組みが数多く見られた。QRコードをスマートフォンで読み込むことで中国のSNSに登録でき、その登録をするとブースで記念品がもらえたり、買い物ができたりと、日本でのイベントよりもスマートフォンを使うシーンがとても多く、スマホ先進国である中国の側面が観光業界でも垣間見られた。

シルクロード国際観光博

「西安シルクロード国際観光博覧会」の会場

(前の記事)東西の交流拠点、中国・西安で「シルクロード国際観光博」 日本からも旅行会社ら参加(1)

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岡山美作三湯から令和の安らぎ

岡山県、ひいては山陽路を代表する湯のまち、美作三湯。岡山県北に位置する湯郷、湯原、奥津という...

栃木日光・鬼怒川で感じる四季の味わい

栃木県鬼怒川温泉―。世界遺産・日光のおひざ元、東京の奥座敷としてなじみの温泉地だが、西日本か...

静岡DCでパワーアップ旬の伊豆を行く

静岡デスティネーションキャンペーン(DC)が4月、開幕した。6月までの3カ月間、伊豆半島でも花火...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ