楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

下呂温泉で秋の2大行事 神社例祭と謝肉祭が開催/岐阜

岐阜県・下呂温泉で毎年10月8日に行われる出羽三山神社の分霊を祀った下呂温泉神社の例祭が今年も盛大に開かれた。湯の恵みに感謝する例祭は神社建立から始まり、今年で31回目。

例祭は下呂温泉の秋の恒例行事の1つ。下呂駅から神社までを観光関係者が下呂温泉に関わる人物に扮して練り歩く参進行列や各地の伝統芸能を披露している。今回はあいにくの雨だったため、旅館会館内で神事のみ行われた。

直会(なおらい)の席上、氏子総代の瀧多賀男さん(下呂温泉旅館組合理事長)は「神社建立から昨年で30回を迎え、今年31回目を開くことができた。令和の時代が始まって最初の例祭となった。下呂市も合併して10年を超えたが、今後も草津、有馬、下呂の日本三名泉としてアピールし、温泉地としての魅力を高めたい」と話した。

下呂温泉神社例祭

厳かに行われた下呂温泉神社の例祭

また、もう1つの秋の恒例イベントである「謝肉祭2019秋—飛騨牛豪快焼き&秋の味覚満喫フェア」は10月20日、下呂温泉を流れる飛騨川河川敷で開催された。こちらは14回目の開催となる。4千人が訪れた。

爽快な秋晴れのなか開かれたフェアの目玉は飛騨牛の豪快焼き。朝9時から行列ができるほどだった。飛騨牛の肉の塊を焼くデモンストレーションでは、大きな肉にかぶりついている光景が“インスタ映え”するとあって、スマートフォンで写真を撮る若いカップルや親子連れ、女性グループの姿があちらこちらで見られた。

謝肉祭

飛騨牛の豪快焼で多くの人が記念撮影

ステージでは名古屋の中高生で構成されるビッグバンド「フリーヒルズ・ジャズオーケストラ」によるジャズコンサートなどが開かれたほか、地元食材のバザーや特大足湯なども賑わった。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ