楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

大阪産・食のマイクロツーリズム(2) 梅酒発の和牛と難波葱

堺市のこれも住宅街。そのただ中に黒毛和牛を飼育する原野牧場があった。上下がつなぎになった防護服と靴にもカバーをかけた完全武装で牛舎を見学。一歩入って匂いがまったくしないことに気づく。牧場の方に聞くと、梅酒の漬け梅を飼料にしてから匂いがしなくなり、牛のストレスも減退し、肉質が良くなったという。これ、大阪ウメビーフとしてブランド化、大阪産としての知名度も高まっている。

原野牧場

堺市の住宅街のまん中で、
まさか和牛が飼育されているとは

その梅酒の漬け梅の由来は、大阪府羽曳野市に本社を置くCHOYA(チョーヤ)梅酒。全国区の梅酒メーカーが大阪ウメビーフを産んだというわけ。従来、梅酒づくりに伴う漬け梅は産業廃棄物として処分しなければならなかったそうだ。それを飼料として利活用し、大阪産につなげた。という話を、和歌山県田辺市の生産者と挑んだ無農薬梅を用いた梅酒を試飲させていただきながら、CHOYAの金銅重弘社長から聞いた。

CHOYA本社

CHOYA本社で
樽仕込みの特別な梅酒をいただく

八尾市のトラットリア西山で、大阪ウメビーフと難波葱のランチ。ダブル大阪産は絶妙な組み合わせ。ツアー同行者も美味いを連発していた。

大阪産の歴史から最新の取り組みまで、食をテーマにした着地型旅行のカタチをみた。ツアーをプランニングした熟塾代表の原田彰子さん、ツアーを受託したサンスターライン社長の野瀬和宏さんともに「大阪の新しい旅として定着させたい」と意気込む。

(前の記事)大阪産・食のマイクロツーリズム(1) 消費地と生産地をつなぐ旅

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ