楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

年内に30万人の訪タイを タイ国政府観光庁、日本へのプロモーション本格化

9月22―25日のツーリズムEXPOジャパン2022に、タイからはタイ国政府観光庁(TAT)のユッタサック・スパソーン総裁、タネース・ペッスワン副総裁、チューウィット・シリウェーチャクン東アジア支局長ら幹部が来日し、旅行業関係者やメディアと精力的に面談した。

EXPO前日の9月21日には東京・芝公園のザ・プリンスパークタワー東京で前夜祭「アメイジング・タイランド・ニューチャプターズ」を開催。シントン・ラーピセートパン駐日タイ国大使は日タイ修好135年の歴史のなか、両国民、皇室、王室が友情を築いてきたことを紹介した。

ユッタサックTAT総裁は「タイは2023年には世界から1800万人の旅行者を迎えることを期待しています。日本からは過去最多だった2019年の180万人の7割程度、125万人を目指しています。困難をともに乗り越えるため、手を携えていきましょう」と呼びかけた。

タイ国政府観光庁

来年は125万人の日本人来訪者を目指すと、
ユッタサックTAT総裁

EXPO期間中も総裁、副総裁は出展ブースでメディアに対応。タネース副総裁は「タイは今年1―9月で約600万人の国際旅行者を迎え、17万人は日本からです。水際対策の緩和が表明された、日本に向けてタイの魅力を発信する時が来たと感じています。日本の大手旅行会社7社と連携してタイへの旅行商品を売り出していきます。年末までに30万人の訪タイ旅行者を目指します」と話し、アピールした。

タイ国政府観光庁

人だかりができていたツーリズムEXPOの
タイ国政府観光庁のブース

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。22年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ