楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

ファーストキャビンが飲食業に本格的に進出 あべの荘/大阪

今や進化形カプセルホテルの代表格となっているファーストキャビン(東京都)。飛行機のファーストクラスをイメージした部屋創りは従来のカプセルホテルのイメージを払しょくし、さらには利用客の夢を掻き立てる。既存施設の平均稼働率は約9割といい、いかに利用客の心をつかんでいるか想像に難くない。

宿泊主体のホテルだが、飲食業に進出。すでに東京の築地や愛宕山のホテルでカフェバーを併設し、新規事業展開をしている。さらに新たな業種業態として4月1日開業したのが『鉄板 紀尾井坂』である。

大阪市阿倍野区の「ファーストキャビンステーション あべの荘」の敷地内に立地。ホテルと同じ「コンパクト&ラグジュアリー」をコンセプトに、「別荘でおかかえシェフの料理を楽しむ」をイメージして造られた。店内から庭が望める開放的な空間で、床面積は約80平方メートル。カウンター9席、テーブル10席、テラス6席の計25席。

料理長は大阪市内の一流ホテルで約30数年間腕を振るい、鉄板焼きの経験が長い超ベテラン。「素材を楽しむ」をモットーに、料理長選りすぐりの国産牛を旬の食材とともに提供する。ワインの種類も豊富に用意しており、料理に合わせて楽しめる。

鉄板紀尾井坂

ベテランシェフが調理

「鉄板で調理する料理」(料理長)を心がけ、ディナーはもとより、朝食や昼食も提供する。朝食はフレンチトーストの「朝食セット」(650円)、ランチは「ステーキ重」(1200円)、「サーロインひつまぶし丼」(1200円)など、創意工夫のあるメニューだ。ディナーはコース料理で5000円、7000円、9000円の3種類。ワインはボトルで2500円前後から、というリーズナブルさ。コストパフォーマンスの高さはいうまでもなかろう。

鉄板紀尾井坂

国産牛を心ゆくまで

営業時間は7―10時、11時30分―14時30分、18―23時。水曜定休。朝食は毎日営業。

ちなみに店名の「紀尾井坂」はファーストキャビン発祥の地から名付けたとのこと。

「ファーストキャビンステーション あべの荘」は昨年10月にオープン。新ブランド「ファーストキャビンステーション」の第1号店となる。JR西日本不動産開発が所有するJR西日本の福利厚生施設だった築35年の旧安倍乃荘を改装。緑豊かな庭備え、鉄道の車内をモチーフにした内装を特徴とする。

敷地面積約2224平方メートル。建物は地上3階建て、延床面積約1631平方メートル。キャビンはビジネスクラス101、ファーストクラス11、プレミアムクラス17の計129キャビン。ラウンジや大浴場、喫煙室などを設ける。

宿泊料金はビジネスクラスキャビンが1泊3900円から(税込)、ファーストクラスキャビン同4900円から(同)、プレミアムクラス1泊1室8000円から(同)。

あべの荘

キャビン

運営はファーストキャビンとJR西日本が共同で設立したJR西日本ファーストキャビンが担当する。今後も沿線を中心に複数施設を展開していく計画だ。

ファーストキャビンは、このほか阪急阪神ホールディングスや近鉄グループなど鉄道系の企業と連携を進める一方、旅館の再生にも乗り出し、出店を加速化。国内外で約100施設の展開を目指す。

(井村日登美=ホテルジャーナリスト)

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海と生きる三重伊勢志摩感じて

三重県伊勢志摩は、伊勢神宮への篤い信仰と独自の風土を軸とした唯一無二の観光文化に、国内外から注...

岐阜で心揺さぶる絵になる旅

豊かな山々、山間を悠々と流れる清流。岐阜県の魅力は雄大な自然が魅せる四季折々の風景だ。その自然...

勢い立ち上る北陸湯けむり紀行福井富山編

北陸特集後編は福井県と富山県にスポット。新幹線開業で沸いた富山に続き、2023年の敦賀延伸では...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ