楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

集客施設向け「検温サーモカメラ」 正興電機製作所、安定供給実現の蓄電システムも

正興電機製作所(本社・福岡市博多区、添田英俊社長)は、観光施設や旅館ホテルなどの集客施設向けに多彩な製品をラインナップしている。

そのひとつ「検温サーモカメラ」は、新型コロナウイルス感染症の拡大予防のガイドラインなどで示されている検温に最適なシステム。歩行スピードを変えることなく自然な人の流れでマスクをつけた人の顔を同時に30人まで認識できる。顔を捉えてから検温までのスピードは1秒と早い。非接触式で体温測定を行え、安全性も高い。

万一、設定温度を超えた対象者を発見した場合、音声・光・スクリーンショットで本人および管理者へ知らせる。来館や入場など来客者数が多い場面での検温モニタリングを一手に担うことが可能だ。

2020年4月に販売を開始して以来、日本経済団体連合会(経団連)でも採用されるなど、多くの納入実績を上げている。

また、家庭など小規模施設向け蓄電システム「ENEPAC HyBriD」は、自家消費・災害対応のニーズに応えるため太陽光発電・夜間電力を効率よく蓄え、安心安全かつ安定した電気供給を実現する。

従来、太陽光発電は売電が主だったが固定買取制度が終了し、自家消費による有効活用にシフトしつつある。そのため、この蓄電システムでは太陽光発電など自然エネルギーを効率的に自家消費できるようになり、電気料金が安い夜間に蓄電することもできる。一定出力での放電と不足分を系統電力から補うことで、電力の安定供給も可能にした。

正興電機製作所

太陽光発電・夜間電力を効率よく蓄え
自家消費や災害対応のニーズにも応える
「ENEPAC HyBriD」

さらに、災害発生時には、電力の供給先を事前に特定しなければならない他社製品に対して、全負荷型システムを採用しているのも特徴。停電時には3キロボルトアンペアまでバックアップし、200ボルト機器にも対応する。

なお、このシステムは、環境省の補助事業「戸建住宅におけるネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)化支援事業」の対象製品に登録されている。導入時に最大60万円の補助金交付を受けることが可能だ。

(PR)

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ