楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

宿泊主体型新ブランド アイコニック大阪御堂筋

「宿泊主体型ホテル」といえば、サービスを絞り込みリーズナブルな価格で提供という定番のイメージがあったが、最近は違う。アッパークラスからエコノミーまで多彩にラインナップ。ホテルの本来の機能である「快適性」「利便性」「安全性」などを追求し、上質な時間と空間を提供するところが増えてきた。

そのようなホテルの1つが「ザ ロイヤルパークホテル アイコニック 大阪御堂筋」である。昨年3月16日、大阪のメインストリート・御堂筋沿いにある「オービック御堂筋ビル」(大阪市中央区)内に開業した。

大阪を創業の地とするオービックが長年の思いを実現し建設。地上25階地下2階建てで、1階には飲食店、物販店など、中間フロアにはオフィスが入居する複合商業ビル。ホテル部分は地下1階地上1階、同15―25階に入居する。

「アイコニック」は、三菱地所グループのホテル事業を手掛けるロイヤルパークホテルズアンドリゾーツ(東京)が展開する宿泊主体型ホテル「THEシリーズ」の新ホテルブランドで、今回が1号店という。

「THEシリーズ」は「キャンパス」「ロイヤルパーク」のブランドがあり、「アイコニック」は「象徴」という意味で最上位ブランドに位置付けている。宿泊料金はキャンパスが1泊1万円前後、ロイヤルパークが同8千―2万円、アイコニックが同1万―3万円というところ。

「大阪御堂筋」は、大阪メトロ御堂筋線「淀屋橋」「本町」から徒歩で約3―4分という交通至便な立地。ホテルビジネスの第1条件であるロケーションは文句なしで、さすが三菱地所グループといえよう。

ホテルも人と同じで、第一印象が大切である。15階に広いロビーラウンジを持ち、大阪の眺望と中央の斬新なアートが迎えてくれる。ロビーに入った時、ゲストは「このホテルでよかった」と確信するはずである。

客室は16階以上に配置し、全352室。24・25階をエグゼクティブフロアとし、同フロアの宿泊客専用ラウンジを設けている。

基準客室は広さ約26平方メートル。決して広くはないが、バスルームは洗い場付きで一部客室にはレインシャワーを整備している。バスルームの面積をとった分、ベッドルームは手狭になるが、壁面を上手に利用し、収納スペースを確保…

(井村日登美=ホテルジャーナリスト)

(トラベルニュースat 2021年1月25日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽が拓く安心安全ベースの観光新時代

コロナ禍の出口に光が射し、旅行市場もようやく動き始めた。三重県鳥羽市は早くから安心安全な...

観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ