楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

COVID—19 収束のロードマップを

日本のワクチン接種率(2回接種)が総人口の53%、65歳以上の88%となり、高齢者のほぼ9割がワクチン接種済みとなりました(9月16日時点)。短期間でアメリカの接種率を追い越すスピードでワクチン接種が進んだ結果、そのワクチン効果により国内におけるCOVID−19感染症の新規陽性者数や死亡者数を確実に減少させたことについては政府の評価に値するでしょう。

大手メディアを中心に入院難民続出についての指摘が相次いでいますが、死亡者数減によって病床が空かず、新しい患者の受入が困難になっている事実にはほとんど触れていません。

入院が必要な重症者数は基本的に死者数に比例するため、欧米先進国より日本の医療負荷は小さいはずなのですが、約1年半の間に医療提供体制を整備してこなかった大きなツケを今も払い続ける状態になっています。

これまで政府は目の前の新規陽性者数増減に振り回され、場当たり的な対応に追われ続けました。欧米諸国の対応と比べた時、COVID−19感染症収束のロードマップを示さなかったことが根本的な問題であるのは明らかです。英国は2月、アメリカは3月に行動制限解除のロードマップを提示していました。変異株による誤差はありましたが、欧米先進国がほぼ戦略通りに経済が回復している中、日本経済は置き去りになっています。

本来、政府の評価とはワクチン接種率ではなく、社会を正常化させるという目的を達成するための手段としてワクチンを有効に活用したかどうかです。ワクチン接種により新規陽性者数・死亡者数を減少させ、医療的負担が軽減されているにも関わらず、世論を気にする政府は規制緩和には後ろ向きです…

(山田桂一郎=まちづくり観光研究所主席研究員)

(トラベルニュースat 2021年9月25日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽が拓く安心安全ベースの観光新時代

コロナ禍の出口に光が射し、旅行市場もようやく動き始めた。三重県鳥羽市は早くから安心安全な...

観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ