楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

神戸メリケンパークオリエンタル 海のリゾート、神戸にあり

コロナ禍が収束し始めた昨年から今年にかけて、改装に着手するホテルや旅館が増えた。来るべき需要回復に照準を当て、ハードを充実させて高級化を進めている。

港町・神戸にある「神戸メリケンパークオリエンタルホテル」(323室)は8月5日、最上階の2フロアの客室をリニューアルオープンした。昨年「エグゼクティブルーム」を先行オープンしており、今回で全工事が完了。京阪神の都会のリゾートとして、さらに存在価値を高めてきている。

同ホテルは1995年に開業。宿泊、宴会、料飲施設などを揃えたフルサービスホテルで、白い波をイメージした外観と270度海を臨むロケーションの良さにより、若者たちを中心に人気のホテルの一つである。

今回の改装客室は計62室。ロケーションを生かす形で、室内はアースカラーを基調に海や空に馴染む爽やかなブルーグリーンを差し色に入れた。ランタンやロープなど客船を連想する家具やファブリックをあしらい、淡い色合いで優しい明るさの客室に仕上げている。

改装客室のほぼ半分の30室を占める「モデレートダブル」は、バルコニー含め広さ約29・4平方メートルから。ベッドは幅1600ミリと十分なサイズを採用した。20室を占める「モデレートツイン」は同30・8平方メートルから。ベッドは幅1100ミリ。

昨年先行してリニューアルオープンしたエグゼクティブルームの28室は専用ラウンジを設け、ハイグレードな客室カテゴリーとしている。こちらもアースカラーを基調にインテリアに波をイメージした大胆なデザインを施し、豪華客船の船内を思わせるようなインテリア空間を創造。海のロケーションと見事にマッチし、贅沢な時間を提供してくれる。

エグゼクティブルームの中心客室は13室を備える「スーぺリアツイン」で、広さ約59・4平方メートルから。ベッドは同1200ミリとセミダブルサイズを採用した。ほかに、エグゼクティブルームは改装した28室とデラックスツイン4室とオリエンタルスイート1室の計5室を加えた計33室からなる…

(井村日登美=ホテルジャーナリスト)

(トラベルニュースat 2023年8月25日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海と生き海を守る三重鳥羽の旅

鳥羽市の基幹産業である漁業、観光業が連携を図り、漁業者と観光事業者が抱える課題を出し合って...

蒙古襲来750年・歴史とロマンを感じる長崎県壱岐・松浦

時は鎌倉、大陸から元が日本へ侵攻した一度目の蒙古襲来(元寇:文永の役)から今年で750年。...

個性全開、輝き増す山陰紀行・島根鳥取西部編

島根県では美肌県を前面に、2023年に高視聴率を記録したテレビドラマ「VIVANT」のロケ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。22年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ