楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

Go Toフェリー 船旅満喫できる志布志航路

本格的なクルーズには行きにくい状況が続いているので、主にフェリーでの船旅を楽しんでいます。今回はフェリーとホテルがコラボしたツアーを紹介します。

日本では300キロメートル以上の航路に就航するカーフェリーを長距離フェリーと呼んでおり、船内は広く、レストラン、ラウンジ、大浴場まで完備されていて快適な船の旅が楽しめます。しかし、ほとんどの船は夜に出港して翌早朝には到着してしまうので、大海原を爽快に行く昼間の航海を楽しむことはできません。

しかしながら、日の長い5−8月であれば、出港後と入港前に、短い時間ながらこの爽快感が味わうことができます。今回目をつけたのは、大阪南港と鹿児島県の志布志を結ぶフェリーさんふらわあの土曜発便です。大阪を17時55分に出港して、いつもは翌朝8時55分に到着するのですが、この便だけは9時40分の到着です。同じ料金で約1時間も長く船旅を楽しめるのですからこんなお得なことはありません。と思うのは船好きの私だけかもしれませんが…。

下り便では宮崎沖で夜が明け、都井岬をかわして志布志湾内の素敵な朝の航海が、上り便では紀淡海峡から大阪湾内の航海が堪能できます。

今回、同航路を利用した船旅をしたのにはもうひとつわけがありました。長距離フェリー会社自身は乗船券しか売っていませんが、ほとんどの会社は系列の旅行社をもっており、フェリーを利用した各種のパックツアーを販売しています。フェリーさんふらわあの旅行社であるさんふらわあトラベルでは、霧島にオープンした星野リゾート界霧島とタイアップしたパックツアーを造成しました。それも、大阪南港から自家用車で船に乗り込んで、ベランダ付きのスイートルームに宿泊し、九州に上陸したら車で自由に観光して星野リゾートに宿泊し、再びフェリーで戻るという3泊4日の自由旅行です。ほとんど毎日発なので日程を合わせるのも楽で、もちろん明るい時間帯での航海時間の長い土曜発の便を利用しました…

(池田良穂=大阪経済法科大学客員教授)

(トラベルニュースat 2021年6月10日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
聖地の旅から始まる伊勢志摩観光新時代

「新しい生活様式」は生活に浸透し、「新しい旅のスタイル」は各地が模索を続け、確立されつつ...

湯どころ北陸流ウィズコロナの旅福井あわら編

“ウイズコロナの旅”を推進する北陸を紹介する今回の福井県あわら温泉の魅力にスポット。未だ...

湯どころ北陸流ウィズコロナの旅石川山中編

“ウイズコロナの旅”を推進する北陸を紹介する今回の石川県山中温泉の魅力にスポット。未だ制...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ