楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

講釈師が語る一休さん十二 世に二つとない茶碗か、命か

安国寺へ預けられた将軍家秘蔵の茶道具、世に二つとない石清水の茶碗を、寺の小坊主が誤って真っ二つに割ってしまう。皆が真っ青になっている所へ、周建が

「ではこれは私が割ったことにしましょう」「周建さんに罪を着せることはできません」「ならばこうしましょう」と真っ二つになった茶碗を目よりも高く差し上げて力任せに床へガチャーン! 今度は粉々になってしまいます。これがために小坊主は皆気を失ってしまいます。

「これこれ今、戻りましたぞ」「御師匠様、お帰りなさいませ」「おぉ周建か、他の者は?」「皆気を失っております」「妙な事を申す奴じゃ」「作麼生(そもさん)」「問答か? うん。説破(せっぱ)」「生あるものは?」「必ずや滅す」「形あるものは?」「必ずや砕けん」「恐れ入りました。ではこれを御覧ください」

ずいっと差し出したのが真っ二つに割れた石清水の茶碗︱「ずるいがな。砕けるって言うてしもうたがな? 怒られへんがな」。

どうすることもできずに正直に蜷川新左衛門を通じて将軍のお耳に伝えれば、満面朱を注ぐが如く、お怒りとなり、周建を引き出され「天下に二つとない茶碗を粉々に割るとは不届き者め。手打ちに致す! さりながら今際の際、何か言い残すことはないか」「御座います」「申してみよ」。

「『高砂の 尾上の松も 枯るるなり 土でつくねた 茶碗大事か』歌に詠まれる高砂の松や尾上の松もいつかは必ず枯れてしまいます。今は天下泰平にして万民安穏といえども、万一国乱れて戦になった折、茶道具で民を守ることができましょうか?…

(旭堂南龍=講談師)

(トラベルニュースat 2021年3月10日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
観光復活は四国一周しこくるりから徳島編

四国DC4県の魅力をまるごと感じてまわることから新時代の旅を始めよう。最終回は徳島県の旅...

観光復活は四国一周しこくるりから香川編

四国DC4県の魅力をまるごと感じてまわることから新時代の旅を始めよう。第3回は香川県の旅...

観光復活は四国一周しこくるりから愛媛編

四国DC4県の魅力をまるごと感じてまわることから新時代の旅を始めよう。第2回は愛媛県の旅...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ