楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

講釈師が語る一休さん十三 西今寺の謙翁和尚と出会う

将軍家の茶碗騒動以降、周建が塞ぎ込む様になり、「平生から偉そうな事を言う師匠や、将軍は斯様な小手先の事で得心するのか? それ以上に、小手先で何とか誤魔化そうと甘んじている己が一番に許せない、今のままでは悟れない。更に厳しい修業をしなければならない」と固く決意する。

やがて五年の月日が流れた或る日の事。同じ寺の法弟、仏教における弟弟子の様な者、鉄梅と像外和尚の用事で出掛けていた折、鴨川のある橋の袂まで来ると、人集(ひとだか)りがあって皆合掌している中に一人の僧侶。髪は伸び、衣類は破れ、誠に粗末な身なりをしているが、飢え死にした母子の乞食を哀れみ、弔っていた、その姿に周建は釘付けになった、すると隣にいた鉄梅が

「あれは、西今寺の謙翁(けんおう)和尚ですな」「西今寺の謙翁和尚?」「ご存知ありませんか、あのお方は妙心寺の三世、無因禅師から左券を授かる筈だったんですが、それを謙遜してお受けしなかったのです、それで謙翁と呼ばれております、正式の道号は為謙、名は宗為と呼ばれております」「え?左券を受け取らなかった?」

…分かり易くとお伝えすると、左券とは仏法における免許皆伝の認定書の事です。これさえあったら大きな顔が出来る。受け取らない事が信じられない時代です。また当時の臨済宗には、大別して二つの勢力がありました。専門的な事は省いて、一つは権力に近付いた一派と、権力から離れた一派です…

(旭堂南龍=講談師)

(トラベルニュースat 2021年4月10日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
湯どころ北陸流ウィズコロナの旅石川山中編

“ウイズコロナの旅”を推進する北陸を紹介する今回の石川県山中温泉の魅力にスポット。未だ制...

湯どころ北陸流ウィズコロナの旅石川山代編

“ウイズコロナの旅”を推進する北陸を紹介する今回の石川県山代温泉の魅力にスポット。未だ制...

三重鳥羽から始めるウィズコロナの旅

東京や関西などの緊急事態宣言が6月20日にようやく解除された。引き続き感染予防の徹底は求め...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ