楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

30~40代が還流する場づくりを

大手企業がこぞって賃上げに動いています。初任給も続々上がり、ユニクロやセガサミーなどは30万円です。これまで貯めていた内部留保をここぞとばかりにはきだし始めたのも人手不足が常態化しているからに他なりませんが、こうした動きに地方の中小企業が太刀打ちするのは容易ではありません。おそらく一層、地方出身の10―20代が生産性の高い都市に向かうのは間違いなく、地方の中小企業は人材確保の方法を抜本的に考え直す必要があります。

しかし、悲観することはありません。例えば東京都で転入超過が突出しているのは、15―24代だけ。残りの世代はすべて減少しており、特に30―44歳と4歳未満は流出が目立ちます。すなわち、初任給に釣られ都会に出ていきますが、将来を見据えた時、自らや家族の成長を地方に見出すようになるわけです。そのため地方がやるべき観光政策とは、いかに30―40代が還流したくなる場づくりをするかということです。

地方を歩いていると元気なまちに共通することがあります。30―40代のUIターンの多さと女性が活躍している点。そうしたまちには必ずまち中にサウナが誕生しています。

廃業したスナック兼用住宅を改装し、サウナ兼ギャラリー兼スナック「時津風」が生まれた島根県温泉津温泉もその典型です。午前中使わないスナックを借りて、モーニングを始めたのは東京から来た飯塚優莉菜さん。2年前まで学生でしたが温泉津にIターンしてきました…

(井門隆夫=國學院大學観光まちづくり学部教授)

(トラベルニュースat 2023年3月25日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。22年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ