楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

講釈師が語る一休さんの十六 伊予局の枕もとに観音様が…

京都は嵯峨野の詫び住まいをしておりました宗純の母、伊予局が下男に「七兵衛、暫く修行の旅へ出立と久方ぶりに挨拶に寄りました宗純の顔が、何とはなしに沈んでおりました」「まぁ確かに謙翁和尚がなくなってしまって、落ちこんでいるのは確かですが、手前には元気に見えましたが?」

子を思う母はその晩中々眠れません、ようやっとトロリとした真夜中の九つ過ぎ「起きよ、起きるのじゃ」と荘厳なる声で伊予局に話しかける者がある、寝ぼけ眼を擦りながら、顔を上げると枕もとに金色に光り輝く観音様がお立ち寄りなり

「其方の倅が自ら命を絶とうとしておる、今すぐに近江の石山寺へ行け、良いな近江は石山寺である」

とだけお話になった直後に眩いほど光り輝いて、また元の暗闇となるから「七兵衛起きて下され」と声をあげれば、寝ぼけた声で「はい、なんですか?奥様」「実は先ほど、観音様が枕もとに立たれて、宗純が近江の石山寺で自ら命を絶とうしているとのこと、何卒宗純を連れ戻して下さい」「はい、承知致しました」とすっかり目が覚めた下男の七兵衛は取る物もとりあえず出立いたします。

一方こちらは宗純、近江の石山寺で七日間、謙翁和尚を供養し且つ悟りに達ようと一心不乱になって修行のため篭っておりましたが、やがて何もかも投げ出してしまいたくなり

「もう死のう。死んで謙翁和尚の許で修業をしよう」

琵琶湖に入水をしようとしたところへ後ろからバラバラと駆けつけて、背中から宗純を引きとめようとする者がある「若様!何を早まった事をなさるので!」…

(旭堂南龍=講談師)

(トラベルニュースat 2021年7月10日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ