楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

講釈師が語る荒川十太夫その五 松平の殿様に「先ずは…」と話す

平生は後ろ姿も拝めぬ位の上つ方が、今目の前においでになるので、大抵の者が慌てふためいて「へぇへぇ!」額を擦り付けるほどの平身低頭、右の者はカレイの如く、左の者はヒラメの如し、真ん中の者はマンタの如く、中には勢い余って、そのまま三点倒立に及んでしまった者があると言う。…これは言い過ぎました。

「お主が荒川十太夫か。苦しゅうない面を上げぇ」「はぁはぁ」「直答を許す。遠慮は一切無用、余が其の方に問い掛けしこと、包み隠さずに答えよ」「はぁはぁ」「目付役によれば、其の方は本日の七つ下り、身分を偽り当家物頭役として泉岳寺に赴き赤穂浪士の墓参を致した次第、しかと左様か」「相違御座いません」「次に、いつ如何なる時も、嘘偽りを申してはならぬと言う家中の掟は?」「存知おりまする」「これを破ればどうなる?」「お手打ちになりまする」「掟を知りながら何故此度の振る舞いじゃ、これは必ず覚悟をした上で深き仔細のあろうことかと存ずる、申してみよ」「仔細は」「仔細は?」「仔細は、此れと言って御座りませぬ」「偽り者めが。我が両眼を玉、びいどろと心得たるか?格別の情けで以って、答えさせんとした予の心に背き、我が言葉を反故に致すつもりか! 此の手は見せぬぞ」

傍の一刀に手が掛かるから、さてこそ此処でことが始まったりと、一同は固唾を飲んで見守っておりますが、荒川十太夫は…

(旭堂南龍=講談師)

(トラベルニュースat 2024年2月10日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
蒙古襲来750年・歴史とロマンを感じる長崎県壱岐・松浦

時は鎌倉、大陸から元が日本へ侵攻した一度目の蒙古襲来(元寇:文永の役)から今年で750年。...

個性全開、輝き増す山陰紀行・島根鳥取西部編

島根県では美肌県を前面に、2023年に高視聴率を記録したテレビドラマ「VIVANT」のロケ...

個性全開、輝き増す山陰紀行・鳥取東部三朝編

「蟹取県」「星取県」に続き、辰年の今年は「とっとリュウ県」―。県の形が龍に見える?ことから...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。22年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ