楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

講釈師が語る一休さんの二十五 しゃれこうべを吊って桔梗屋へ

法事も心を込めて済ませます、後には御馳走をばお膳に載せて一休禅師の前へ。

「一休禅師、此の度は何とお礼を申して良いやら、さぁお召し上がり下され」「ありがとうございます」

一休禅師は袈裟衣を脱いで、今まで座っておりました、座布団の上に置いて、己は横に褌一本の裸でちょこんと座っております。

「へ?一休禅師何をしてますので?」「以前にご先祖様の法事あった折、門前に小汚い僧侶がおったのを覚えておるかな」「へ?確かにそんな事おましたな」「あれは、ワシじゃ?」「へ?そやけど偉い恰好がちがいますが」「その恰好しかお前さんは見ておらんようじゃ、同じ一休であるが、立派な袈裟を身に付けて居る時には、斯様な持て成しを致し、身なりが貧しい時は追い払う。つまり坊主ではなく、立派な袈裟衣を尊いと思っているから、こうして衣に捧げております」

と言って、一つも手を付けずに帰ってしまったという。

いよいよ、蜷川新右衛門とともに諸国漫遊に出立いたさんと身支度を整えた。年が明けた正月、京都の町にはいずれも門松、注連飾り、和気あいあいとしております。大体七五三(しめ)というのは天神七代、地神五代、いわゆる天地人三代を象ったもので三が日の間は雑煮を祝い、屠蘇酒を出すなど目出度いん物で持ち切っております。

すると此の日は朝から一休禅師、竹の先にしゃれこうべを吊って、目出度い目出度いと京都の町中を歩いております。丁度差し掛かってまいりましたのが、かねてからの馴染みの桔梗屋。店の者は皆朝の膳に付き、続いて女房から番頭、手代、丁稚が皆そろって屠蘇を祝い、これから雑煮を食べようとする時にずーっと一休が入ってきた…

(旭堂南龍=講談師)

(トラベルニュースat 2022年6月10日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ