楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

防災介助士で「知る」「守る」「助ける」

9月1日は防災の日でした。関東大震災が発生した日であるとともに、台風シーズンとも重なる時期です。私たち一人ひとりが台風、津波、地震などの災害について認識を深め、対処する心がまえを準備しようと「防災の日」が創設されました。9月1日の防災の日を含む一週間を防災週間と定め、地域でも自主防災、減災対策などの行事や訓練が行われています。

私たちも「サービス介助士」に続き「防災介助士」講座を開講しています。参加者の目的も様々で、防災についての学びをもっともっと伝承していきたい!と語る方、7月の広島豪雨災害で被害に遭われた方、またその被災地にボランティアとして支援に出向かれた方など、参加者の意識の高さに私たちも引っ張られます。

防災介助士は、いつでも起こりうる災害を理解し、日常から備え、災害時の行動につなげることができます。学びのポイントは、「知る」「守る」「助ける」こと…

(喜山光子=公益財団法人日本ケアフィット共育機構)

(トラベルニュースat 2018年9月10日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岡山美作三湯から令和の安らぎ

岡山県、ひいては山陽路を代表する湯のまち、美作三湯。岡山県北に位置する湯郷、湯原、奥津という...

栃木日光・鬼怒川で感じる四季の味わい

栃木県鬼怒川温泉―。世界遺産・日光のおひざ元、東京の奥座敷としてなじみの温泉地だが、西日本か...

静岡DCでパワーアップ旬の伊豆を行く

静岡デスティネーションキャンペーン(DC)が4月、開幕した。6月までの3カ月間、伊豆半島でも花火...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ