楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

「子ども用車いす」をご存知ですか?

子ども用車いすは、ベビーカーと誤認され、混雑する交通機関の車内では「たたんでください」と言われたり、「こんな大きなベビーカーで乗るなんて非常識」と非難されたりします。

乗車時の介助を依頼すると「ベビーカーは介助できません」と断られたり、電車やバスに乗り合わせた方に障害者用の駐車スペースの利用を断られたりするケースもあるといいます。障害者差別解消法にある社会的障壁で考えると「観念」のバリアと言え、私たちに正しい知識や理解がないことで日常生活を送る上で支障となっています。まず、正しい知識を持つために子ども用車いすの現状を知りましょう。

(1)子ども用車椅子を、子どもが使用していると、その外観からベビーカーと誤認されてしまうことが多く、電車やバスの車内で折りたたむよう周囲から言われる事例が発生している。
(2)子ども用車椅子を使用しなければ外出できない肢体不自由児がいるが、その認知度が非常に低い

というのが現状です。つまり、子ども用車いすは、介助用車いすの種類で、サイズが小さいことと、外観がベビーカーとそっくりなために誤認され、どんなに説明を繰り返しても知識のない方には通じない話なのです…

(喜山光子=公益財団法人日本ケアフィット共育機構)

(トラベルニュースat 2021年12月10日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ