楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

2024年の市場大転換に備えよ

少しずつ「ポストGo To」のことが囁かれるようになってきました。倒産件数が昨年より減ったのもつかの間。この間に市場は縮小しています。残念ですが「いただけるうちはいただくけれど、キャッシュが途絶えたら廃業」と考えている皆様も少なくないと思います。でも、これはしかたないことだと思います…。突発的な感染症と市場の構造転換が重なってしまったからです。

2024年、最多人口が70歳代から50歳代に変わります。日本の観光は、この瞬間に次なる市場が育てられているかどうかが大きな転機になると思います。

一例を挙げれば、ワーケーション。今叫ばれているものは一種のブームに過ぎません。単に企業が有休消化を促進させることが目的です。そもそも欧米ではリモートワークの主顧客は稼ぎも良く自分で時間を作れるフリーランスですが、日本のフリーランスはいまだ下請けワーカーに過ぎません。

では企業の方々はといえば、相変わらず勤務時間で管理され、自己裁量で働けるサラリーマンなんてごくわずか。こうした方々が、どうしたらリゾートで仕事ができるのでしょう。まして、休暇中に仕事をしてもよいというのが日本流なら、それって同行者に嫌われるだけのような気がします。欧米のように法人経費で出張中に遊ぶのが本来のワーケーションだと思います。唯一、可能性があるとしたら、和歌山県や徳島県のように法人ごとサテライトオフィスを誘致することです…

(井門隆夫=高崎経済大学地域政策学部観光政策学科教授)

(トラベルニュースat 2020年10月25日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽が拓く安心安全ベースの観光新時代

コロナ禍の出口に光が射し、旅行市場もようやく動き始めた。三重県鳥羽市は早くから安心安全な...

観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ