楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

宿泊業を非常時のシェルターに

200年前、産業革命が起き、石油が発見され、経済成長を前提とする資本主義が続いてきました。乱暴に言ってしまうと、資本主義とは物質的豊かさをエサに誰かから労働力や環境を収奪し、差益で経済をまわすという仕組みでした。

第三世界の労働力や資源を使い資本家が儲けて、そのおこぼれを第三世界にも還元し経済を成長させてきました。リゾート観光というのも資本主義世界の典型です。そして第三世界が豊かになり格差がなくなると、今度は正規雇用と非正規雇用の間に格差を作って差益を生むようになり、その格差もなくなると、能力を持つ人と持たない人で格差を作るという格差の再生産をし続けるのが資本主義です。すなわち、地球上の全人類が平等になった瞬間、資本主義は終わります。

そこに至るまでには100年くらいかかるかもしれませんが、資本主義は確実に終わりに向かっています。なぜなら、経済成長は人類の増加が前提だったからです。人口が増加し、収益を増やしても、ほぼすべてを1%の資本家が収奪しているとわかってしまった今、99%の人類は自分たちの幸せを守るために一人あたりの収益を守る作戦に出ました。それが人口減少です。そして今後は、生きていく上で必要な一人あたりの環境資源も守る作戦に出始めています。化石燃料、電気、水、食糧などの資源が途絶えたとしても生きられる生活空間をいかに造るかを考えることが世界の潮流となり、脱炭素や再生エネルギーの動きが活発になっています。

私は今後の宿泊業とは、すべての資源供給が途絶えても人々が生き延びていくためのシェルターとなるべきだと思います…

(井門隆夫=高崎経済大学地域政策学部観光政策学科教授)

(トラベルニュースat 2021年4月25日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ