楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

8月26日はアーネスト・サトウの命日 日光に記念館

19/08/26

8月26日は英国外交官、アーネスト・サトウの命日。幕末から明治初期に英国公使館の通訳官、公使として通算25年間、日本に滞在した。

勝海舟、西郷隆盛、高杉晋作、伊藤博文、大久保利通ら幕末から明治にかけてのビッグネームとは複数回面会、明治天皇、徳川慶喜にも謁見している。

8月24日が命日の日本の外交官、陸奥宗光とは同世代の人で、年齢も1歳違い。お互い、外交官の立場で面談している。

日本各地を旅行し、英文ガイドブックで紹介

朝日新聞を読んでいたころ、サトウの日記が「一外交官の見た明治維新」として連載されていて、サトウのことを初めて知った。苗字がサトウで日本語も堪能なことから、日本人とのハーフかと長いこと漠然と思っていたけど、今回、そうではないことを完璧に理解した。

日本人女性と結婚し、子どもをもうけている。日本名で佐藤愛之助とも名乗ったそう。伊勢神宮、厳島神社など日本各地を旅行し、日本を紹介するガイドブックを多数書いている。

1896年(明治29年)には、栃木県日光市の中禅寺湖畔に別荘を建てた。その後、多くの外国人が日光に別荘を持つようになった。

秋の中禅寺湖

サトウが初めて日光を訪れたのは1872年(明治5年)。3年後には英語のガイドブック「日光案内」を書いている。

中禅寺湖畔に英国・イタリア大使館別荘公園

サトウの別荘はその後、英国大使館別荘として2008年まで使われ、現在は、「英国大使館別荘記念公園」として復元・公開されている。奥日光やサトウの業績を紹介するコーナーがある。

館内のカフェ「南4番Classic」は、今年から金谷ホテルの運営に変わった。メニューには、駐日英国大使館オリジナルスコーンなどがある。

近くには、イタリア大使館別荘記念公園もあり、両施設の共通入場券は大人300円。

英国大使館別荘記念公園

イタリア大使館別荘記念公園

千鳥ヶ淵桜並木発祥となる植樹も

東京の桜の名所、千代田区・千鳥ヶ淵の桜並木。1898年に英国公使だったサトウが、公使館前に桜を植え、東京府に寄贈したのが始まりだそう。

英国大使館正門前には、アーネスト・サトウの桜植樹100周年を祝い立てられた記念碑がある。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
麒麟をめぐる戦国観光の地・岐阜

戦国武将、明智光秀を描く「麒麟がくる」が2020年のNHK大河ドラマに決まり、光秀が生まれ...

緋色に染まる秋の滋賀

滋賀県の秋はパッチワークのように色鮮やか。琵琶湖は青い水をたたえ、山々は紅や黄に緑も混じる...

令和に号令、山陰新時代鳥取編

令和の時代に飛躍を図る山陰観光の今をお伝えする特集後編は鳥取県にスポット。道路網が充実、周...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ