楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

日本郵便とJR東日本、機能連携で20年夏に江見駅で郵便・駅窓口業務の一体運営開始

19/08/26

日本郵便とJR東日本は23日、今年6月12日に締結した「日本郵便とJR東日本の地域・社会の活性化に関する協定」に基づくく「郵便局と駅の機能連携」として、内房線江見駅で郵便局窓口業務と駅窓口業務の一体運営を来年8月から実施すると発表した。

外観イメージ

内房線江見駅で郵便局駅窓口業務を

同連携は、「郵便局と駅の機能連携」「両社のネットワークを活用した物流」「地域活性化施策」などさまざまな分野で連携の検討を実施。今回は、「郵便局と駅の機能連携」として、現在無人駅となっている内房線江見駅(千葉県鴨川市)で、郵便局における駅窓口業務の一体的な運営を初めて来年20月から実施する。

江見駅の位置

駅の窓口でSuicaの販売・精算業務、列車案内も

連携では、千葉県鴨川市の江見郵便局を江見駅の敷地内に移転し、新たに駅と一体となった郵便局舎を建設し、江見郵便局において駅窓口業務の取り扱いを始める。また、駅窓口業務では普通乗車券、定期券などの乗車券類及び無記名式のSuicaの販売業務、精算業務、列車の発車時刻、運賃の案内業務などを行う。

「これからも日本郵便とJR東日本は互いに連携協力することにより、一層の地域・社会の活性化に貢献していく」と関係者。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

四県四色四国を彩る高知編

第3弾は高知県。維新の国土佐が今あえて売りだすのは「自然・体験」。これに高知城のアート...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ