楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

伊豆シャボテン動物公園 カピバラと相席でディスタンス確保

20/05/23

5月16日から営業を再開した伊豆シャボテン動物公園(静岡県伊東市)で、カピバラとの相席でソーシャルディスタンスを保つレストランがSNSで話題になっている。

カピバラと相席で密接を回避

園内の「森のどうぶつレストラン ギボン亭」には、コロナウイルス感染拡大防止で臨時休園する以前から、カピバラやレッサーパンダのぬいぐるみが100体以上置かれていた。

園では営業再開にあたり、客席のソーシャルディスタンスを確保しようと、テーブルの配置替えとともに、カピバラやレッサーパンダのぬいぐるみを、客席に座らせている。

レストランでは客が入れ替わるたびに、椅子やテーブル、ぬいぐるみの消毒を行っている。

園の広報担当者は、「ぬいぐるみは一体一体、アルコールをしみ込ませた布で拭っています。カピバラやレッサーパンダと一緒に、安心して食事を楽しんでください」。

アニマルボートツアーズ

同園は1982年冬に、日本で初めて、カピバラが露天風呂に入浴する様子を展示した。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ