楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

上野動物園で初めてアジアゾウが誕生、ウェブで動画を公開

20/11/05

年間約500万人が訪れる東京・上野動物園で10月31日、アジアゾウが生まれた。同園でアジアゾウが生まれたのは初めて。

公開が待ち遠しい赤ちゃんゾウとお母さんゾウ

性別はオスで背中までの高さを指す体高は100センチ、体重は120・5キロ。母親はウタイ(22歳)、父親はアティでいずれも現天皇家に愛子様が誕生した2002年に、タイから日本国民への友好のしるしとして寄贈された。

残念ながら父親ゾウのアティは今年8月に24歳で死んでいる。

母子とも現在は非公開となっていて、赤ちゃんゾウの公開について上野動物園では「私たちも初めての経験で、いつになるかお答えできません」としている。公開日は決まり次第、上野動物園のウェブサイトで知らせる。

上野動物園ではウェブサイト(https://www.tokyo-zoo.net/zoo/ueno/)で母子が一緒に過ごす様子や授乳の映像を公開している。

上野動物園のアジアゾウは母子を含め4頭となり、現在は2頭が公開されている。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ