楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

スノ☆コミュ 白馬岩岳スノーフィールドが12月18日にオープン

20/12/16

長野県の白馬岩岳スノーフィールド(旧称・白馬岩岳スキー場、白馬村)は12月18日から2020/21年シーズンの営業を開始する。

今シーズンは標高1289メートルの山頂エリアに「IWATAKE WHITE PARK(イワタケ ホワイト パーク)」が新たにオープンする。「リラックス&フォトジェニック」「プレイング」「ペット」の3つのゾーンがあり、スキーヤーだけでなく観光目的の旅行者や小さな子どもの雪遊び、 ペット連れで滞在できる。

3つのエリアにはアイステーブルやドームテント、スラックラインやキッズ用ゲレンデ、ドッグランエリアなどがあり、雪上のアウトドアアクティビティが楽しめる。

白馬岩岳スノーフィールドではこれまで「オールシーズンで”非日常”を味わえるマウンテンリゾート」を目指し、絶景テラスの新設、人気ベーカリーの誘致、ゴンドラのペット同乗と山頂ドッグラン、マウンテンバイクコース、SNS映えのするブランコ「ヤッホー!スウィング」の設置など、グリーンシーズンの誘客に力を入れてきた。

今期のスノーシーズンは、これらインフラをスキーヤーやスノーボーダーに楽しんでもらうだけでなく、これまで積雪期の山頂に縁のなかった新しい客層にもアピールし、山麓だけでなく気軽にゴンドラで山頂を目指してもらう。冬季もペット同伴でゴンドラを利用できる。

山頂エリアのねずこの森でスノーシュー

山頂エリアにはヒノキ科の常緑高木「ネズコ」が点在する「ねずこの森」があり、スノーシューも体験できる。テレビアニメ「鬼滅の刃」の初回で主人公炭治郎と妹の禰豆子(ねずこ)、「柱」の冨岡義勇が初めて出会ったのは雪降る森の中だった。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ