楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

観光業界復興の狼煙 全旅連青年部、初の「宿フェス」に3万人来場(1) 国の観光復活の起爆剤に

全国旅館生活衛生同業組合連合会青年部(全旅連青年部、星永重部長=福島県・藤龍館)は2月7―8日の2日間、東京都江東区の東京ビッグサイトで旅のイベント「宿フェス―宿観光旅博覧会」を開催した。青年部が同フェスを開くのは今回が初めてで、全国47都道府県がブースを出展したほかトークライブや音楽ライブ、旅館甲子園などを行い、約3万人が参加した。オープニングセレモニーには菅義偉前首相が来賓として出席。「宿フェスが国の観光復活の起爆剤になってほしい」と青年部の活動にエールを送った。

力結集し国内旅行を再構築

星部長は冒頭のあいさつで全国旅行支援や高付加価値化事業など、様々な国からの支援策に謝辞を述べたあと「観光業界の力を結集し、国内旅行を再構築する思いで、宿フェス開催を決断しました」と述べ、宿フェスを観光業界復興の狼煙としたいと決意を表明した。

菅前首相は、宿泊業界がコロナ禍での厳しい3年間を耐えて今日を迎えたことを労ったあと「ようやく国内客やインバウンドの動きに明るい兆しが見えてきました。宿フェスが契機となって国内観光復活の起爆剤になってほしい」と、宿フェスの趣旨と取り組みにエールを送った。

宿フェス

菅前首相も参加した「宿フェス」
のオープニングセレモニー

会場では47都道府県のほか、観光関係など40の協賛企業・団体がブースを出展。菅前首相が各ブースを回る姿もあった。ステージでは音楽やトークイベントを行い、総額1千万円の宿泊券が当たる抽選会を実施。盛り上がりを見せた2日間だった。宿フェスは全旅連青年部前期の鈴木治彦第24代部長が発案したが、コロナ禍により開催を断念。今期の星部長がその思いを引き継ぎ「コロナ禍からの復興と宿泊業界の反転攻勢の狼煙」と位置づけて実現させた。

(トラベルニュースat 2023年2月25日号)

(次の記事)観光業界復興の狼煙 全旅連青年部、初の「宿フェス」に3万人来場(2) 富裕層市場へ宿文化を発信

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。22年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ