楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

第78回熱海梅園梅まつり 1月8日から、早咲き中心に60種

22/01/06

静岡県熱海市の熱海梅園で1月8日から第78回「熱海梅園梅まつり」が開かれる。3月6日まで。

会場となる熱海梅園は1万4千坪の敷地に60品種469本の梅が植えられている。なかには樹齢100年を超える古木もある。梅は半数以上が早咲き種で、日本で最も早咲きの梅として知られている。早咲き、中咲き、遅咲きと順番に開花し約2カ月間、梅が楽しめる。

最盛期の様子(熱海市観光協会)

梅祭りの期間中は園内に足湯や売店が設けられる。日曜祝日は甘酒、梅茶の無料サービスがあり、祝日は熱海芸妓連が演芸で来訪者をもてなす。1月8日のオープニングセレモニーでは熱海囃子笛伶会が和太鼓を演奏する。

梅園は8時30分-16時の開園。入園料は一般300円で、中学生以下は無料。11人以上の団体は200円。熱海市民と熱海市内の宿泊者は100円。

熱海梅園は1886年、散策など適度な運動による温泉療養の効果を高める目的で造園・開園。今では早春の熱海の名所として、市民や観光客の目を楽しませている。

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
個性全開、輝き増す山陰紀行・鳥取東部三朝編

「蟹取県」「星取県」に続き、辰年の今年は「とっとリュウ県」―。県の形が龍に見える?ことから...

「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ