楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

琵琶湖の冬の風物詩 大津―長浜、「雪見船」2月末まで運航/滋賀

22/01/28

琵琶湖の冬の風物詩「雪見船クルーズ」の運航が1月29日から始まる。びわ湖雪見船協議会(佐藤祐子会長=びわ湖花街道)と琵琶湖汽船(川添智史社長)が滋賀県・大津―長浜間に2月28日まで運航する。

1月8日には、大津港とおごと温泉港から関係者が乗船し試乗会。比良山系や伊吹山の雪景色や沖島、沖の白石、多景島を船上から眺め長浜港までのクルーズを楽しんだ。長浜港では長浜観光協会の岸本一郎会長(浜湖月)らが出迎え、琵琶湖汽船の川添社長に花束を贈呈し、雪見船クルーズの成功を誓った。

雪見船クルーズ

長浜港のセレモニーで(1月8日)

川添社長は「雪見船を運航して今年で39回目を迎えました。今年は比良山系の雪化粧が美しく、雪見船にふさわしい景観を楽しめます」。

岸本会長は「長浜盆梅展は今年で71回目。純和風の座敷に3メートル近い巨木や樹齢400年を超える古木など約90鉢が展示され歴史、規模ともに『日本一の盆梅展』だと自負しています。雪見船に乗って長浜の盆梅展にお越しください」。

例年、雪見船は長浜盆梅展の会期に合わせて1月第1土曜日から3月上旬まで運航しているが、今年は感染拡大を考慮し期間を短縮した。

乗船料は大人片道3500円、往復5千円。事前予約制で期間中の土日月祝日に運航。問い合わせは琵琶湖汽船 電話077―524―5000。

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
個性全開、輝き増す山陰紀行・鳥取東部三朝編

「蟹取県」「星取県」に続き、辰年の今年は「とっとリュウ県」―。県の形が龍に見える?ことから...

「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ