楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

貸切バスとタクシーを連動 大阪バスグループ・西村信義社長に聞く(2)

旅行サービス手配業へ進出 リアルエージェントを応援

−西村社長にとってバス事業を行う上で大きな転換期となったのは、2006年から2009年にかけてのグッドウィル・グループからクリスタル観光バスの株式を取得した時だと思いますが、タクシー事業もそれに匹敵する事業だと捉えておられますか。

コロナ禍の影響で、最も元気だった貸切バス事業の苦戦を強いられているなか、次の展開を考えておく必要があります。コロナ禍が落ち着いてもこれまでのような価値観が続くとは思えません。新たな価値観に対応していかなくてはならないと考えたとき、我々にとってバスやタクシーを保有していることが最大の武器になりますから、それをいかに時代に合ったものにしていくのか。バスやタクシーを地域社会にうまく活用するように務めることが、社会的な使命であるとも思っています。

大阪バスグループ

国内最大級の貸切バス保有台数を誇る
大阪バスグループ
(大阪バス車庫で)

−ネット社会になりオンライン・トラベルエージェントが台頭しています。リアルエージェントが苦戦するなか、そこへセールスをかける旅行サービス手配業への目算はあるのですか。

目算があってのことではありません。目算うんぬんということであれば、案内所事業に参入はしていません。いくらネットエージェントの台頭といっても、まだまだリアルエージェントは頑張っていますし、頑張ってもらわないといけない。そのためにも案内所はなくなってはならないと思っています。ただリアルエージェント、案内所を応援したいという気持ちだけです。

一部ではバス事業者が案内所を持つと、旅行会社の仕事を持っていかれるといった声もあるようですが、そんなけち臭い発想はありません。純粋に「案内所がなくなるのが忍びがたい」だけで、もっと大局を見た仕事をした方がやりがいがあると思っています。

(前の記事)貸切バスとタクシーを連動 大阪バスグループ・西村信義社長に聞く(1)

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
聖地の旅から始まる伊勢志摩観光新時代

「新しい生活様式」は生活に浸透し、「新しい旅のスタイル」は各地が模索を続け、確立されつつ...

湯どころ北陸流ウィズコロナの旅福井あわら編

“ウイズコロナの旅”を推進する北陸を紹介する今回の福井県あわら温泉の魅力にスポット。未だ...

湯どころ北陸流ウィズコロナの旅石川山中編

“ウイズコロナの旅”を推進する北陸を紹介する今回の石川県山中温泉の魅力にスポット。未だ制...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ