楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

過去最高の3300件 17年の日本での国際会議開催件数

18/12/11

日本政府観光局(JNTO)は、2017年の日本国内で開かれた国際会議の件数は前年比6.2%増の3313件だったと発表した。昨年を192件上回り、6年連続で過去最高を更新した。

一方で、参加者総数は同7.3%減の172万6千人、うち外国人参加者は18万7千人だった。小規模会議が増えた半面、中・大規模会議が減少したことが影響した。分野別では「科学・技術・自然」「医学」で全体の約6割を占め、「政治・経済・法律」「芸術・文化・教育」「社会」が前年度から数字を伸ばした。

都市別の開催件数は東京23区が608件でトップ。2位神戸市405件、3位京都市306件、4位福岡市296件、5位名古屋市183件と続く。なかでも神戸市は前年から145件も増加。全体の件数増加をけん引した。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岡山美作三湯から令和の安らぎ

岡山県、ひいては山陽路を代表する湯のまち、美作三湯。岡山県北に位置する湯郷、湯原、奥津という...

栃木日光・鬼怒川で感じる四季の味わい

栃木県鬼怒川温泉―。世界遺産・日光のおひざ元、東京の奥座敷としてなじみの温泉地だが、西日本か...

静岡DCでパワーアップ旬の伊豆を行く

静岡デスティネーションキャンペーン(DC)が4月、開幕した。6月までの3カ月間、伊豆半島でも花火...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ