楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

伊丹、関空で「旅客サービス施設使用料」導入 10月28日搭乗分から

18/09/04

大阪伊丹空港と関西国際空港では国内線の10月28日の搭乗分から、施設改修や利便性向上の費用に充てる「旅客サービス施設使用料」を導入する。これまでは空港施設の利用料は航空会社が負担していたが、導入後は利用客が航空運賃とともにオンチケット方式で航空会社に支払うことになる。

対象は大阪伊丹空港と関西国際空港第1ターミナルの国内線の利用者。関空第2ターミナルはすでに導入している。

大阪伊丹空港の使用料は大人260円、子ども130円、関空第1ターミナルは大人430円、子ども220円。

10月28日からは、新千歳空港、仙台空港の国内線・国際線でも同様に導入される。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岡山美作三湯から令和の安らぎ

岡山県、ひいては山陽路を代表する湯のまち、美作三湯。岡山県北に位置する湯郷、湯原、奥津という...

栃木日光・鬼怒川で感じる四季の味わい

栃木県鬼怒川温泉―。世界遺産・日光のおひざ元、東京の奥座敷としてなじみの温泉地だが、西日本か...

静岡DCでパワーアップ旬の伊豆を行く

静岡デスティネーションキャンペーン(DC)が4月、開幕した。6月までの3カ月間、伊豆半島でも花火...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ