楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

システム化の弊害

22/02/10

コロナ禍による人出不足の影響なのか、効率化ばかりを優先する弊害なのかは分からないが、最近の旅館で「おもてなし」に欠ける対応をしばしば見聞する。

昨年、業界団体の集まりがあった旅館でこんな体験をした。旅館を出て忘れ物に気づいた。旅館に連絡すると担当者は「お調べしておきます」と言ったきり。たまたま知人が宿に残っていたので探してもらって忘れ物は手元に戻ったが、その担当者からは半年以上経っても音沙汰がない。「調べておきます」の結果を知りたいのは客のわがままなのか。

また、ある旅館に旅行会社の研修で行ったところ、懇親会に旅館の関係者は誰も顔を出さない。旧知の旅館だったので、フロントに出向き「一言でも歓迎のあいさつをされたらどうか」と言ったら「当館にはそのようなシステムはございません。必要であれば事前にご連絡ください」。当館にようこそという歓迎のあいさつすら、システム化しないとできないのだろうか。

「休前日は旅行会社からの送客は受けませんし、手数料も払いません」という旅館もあった。効率や費用対効果は大事だが、あまりに内向きではないか。旅館の魅力は一見非効率に見えるところを価値に変え利益を生じさせることだと思うのだが、どうだろう。

(トラベルニュースat 22年2月10日号)

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ