楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

【大韓航空】働き方改革進め、22年4月に「新乗務員施設」開設

19/08/01

大韓航空は2022年4月、乗務員に向けた働き方改革の一環として、仁川国際空港第2ターミナルに新たな乗務員施設「仁川オペレーションセンター」を開設する。コンセプトは「SMILE&FLY」。乗務員の笑顔があふれる職場環境作りに取り組む。

施設は仁川国際空港第2ターミナルからシャトルバスで5分の位置に設置。7、230平方メートルの敷地に地下1階、地上3階、建築面積4、315平方メートル、延べ床面積1万4834平方メートルの規模で建築される。建物内には運航乗務員、客室乗務員のブリーフィング室、待機室、休憩室、食堂、銀行、コンビニエンスストアなどができる予定だ。工事は来年9月から始まる。

建物内は、明るい光がたくさん差し込むガラスの外壁と、空に向かって曲線的に伸びる二つの建物が特徴だ。屋上には庭園も作られる。建物のコンセプトである「SMILE&FLY」は、乗務員の明るい笑顔と飛び立つ飛行機を表している。

「韓国でも働き方改革が求められ、進んでいる。現在ある施設より、もっと第2ターミナルに近い場所に完成する。乗務員にストレスなく、楽しい職場作りをこれからも行っていきたい」と同社。

今後は、内部施設も乗務員の動線や業務の特性による使用パターンを分析し、プランニングしていく計画。

仁川オペレーションセンター

仁川オペレーションセンター

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
この景色、世界級―島根隠岐へ

地球が一つの生命体であることを示すように海面から垂直にそそり立つ断崖、人知の及ばぬ造形物で...

行けば行くほど熱いぞ北陸福井編

北陸特集後編は福井県。北陸新幹線敦賀延伸で、いよいよ福井に全国から注目が集まる。福井の湯ど...

行けば行くほど熱いぞ!北陸石川編

2023年に敦賀延伸が予定されている北陸新幹線。延伸に向かって着々と工事が進められている。...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ