楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

【大韓航空】働き方改革進め、22年4月に「新乗務員施設」開設

19/08/01

大韓航空は2022年4月、乗務員に向けた働き方改革の一環として、仁川国際空港第2ターミナルに新たな乗務員施設「仁川オペレーションセンター」を開設する。コンセプトは「SMILE&FLY」。乗務員の笑顔があふれる職場環境作りに取り組む。

施設は仁川国際空港第2ターミナルからシャトルバスで5分の位置に設置。7、230平方メートルの敷地に地下1階、地上3階、建築面積4、315平方メートル、延べ床面積1万4834平方メートルの規模で建築される。建物内には運航乗務員、客室乗務員のブリーフィング室、待機室、休憩室、食堂、銀行、コンビニエンスストアなどができる予定だ。工事は来年9月から始まる。

建物内は、明るい光がたくさん差し込むガラスの外壁と、空に向かって曲線的に伸びる二つの建物が特徴だ。屋上には庭園も作られる。建物のコンセプトである「SMILE&FLY」は、乗務員の明るい笑顔と飛び立つ飛行機を表している。

「韓国でも働き方改革が求められ、進んでいる。現在ある施設より、もっと第2ターミナルに近い場所に完成する。乗務員にストレスなく、楽しい職場作りをこれからも行っていきたい」と同社。

今後は、内部施設も乗務員の動線や業務の特性による使用パターンを分析し、プランニングしていく計画。

仁川オペレーションセンター

仁川オペレーションセンター

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
兵庫但馬で冬の寒さに抗う熱さ感じて

新年明けて、トラベルニュースat地域特集は、兵庫県北部の但馬地方にスポットを当てた。冬の味...

麒麟がくる明智光秀の足跡を訪ねる戦国紀行・京都府亀岡市編

明智光秀をめぐる物語は、いよいよ佳境に入っていく。京都府亀岡市は「本能寺の変」へ出陣した...

麒麟がくる明智光秀の足跡を訪ねる戦国紀行・岐阜県可児市編

戦国時代、斎藤道三が基礎を築き、織田信長が発展へと導いた現在の岐阜市。明智光秀はこの地で...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ