楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

南海フェリー、12月15日に新造船「フェリーあい」就航

19/11/27

和歌山⇔徳島を結ぶ、南海フェリーは12月15日、建造中の新造船「フェリーあい」を就航する。徳島のカラー「藍色・ジャパンブルー」をイメージして「愛と出会い」にあふれる安全・安心で楽しく快適な船旅を提供する。

試験航海中のフェリーあい

Wi-Fiなど充実した環境整備

新造船「フェリーあい」(総トン数:2,825トン)は、女性専用席や素晴らしい眺望のグリーン席、また海外インバウンド対応として各種案内表記・放送等の多言語化、Wi-Fi環境の整備はもとより、インスタ映えする外観や徳島・四国をイメージした内装などを備える。

就航記念イベントも、「つるぎ」は引退

就航開始を記念して12月15日当日、和歌山港発下り5便(10:35発)、徳島港発上り6便(13:25発)にご乗船されるお客様の各便先着100人に、就航記念品をプレゼントする。なお、就航より22年の長きにわたり運航されてきた「フェリーつるぎ」は、同日の上り4便 徳島港 8:00発をもちまして引退する。

船名「フェリーあい」の由来

「I:私」・「愛」・「藍」の3つのキーワードとしてネーミング。

・「I:私」→海を渡る旅の主人公は私(I:あい)という思いを込めている

・「愛」  →愛する家族、友人、恋人と出会うための楽しい船旅

・「藍」  →徳島名産の藍染めの色を基調とした船

南海フェリーURL:https://nankai-ferry.co.jp/

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
兵庫但馬で冬の寒さに抗う熱さ感じて

新年明けて、トラベルニュースat地域特集は、兵庫県北部の但馬地方にスポットを当てた。冬の味...

麒麟がくる明智光秀の足跡を訪ねる戦国紀行・京都府亀岡市編

明智光秀をめぐる物語は、いよいよ佳境に入っていく。京都府亀岡市は「本能寺の変」へ出陣した...

麒麟がくる明智光秀の足跡を訪ねる戦国紀行・岐阜県可児市編

戦国時代、斎藤道三が基礎を築き、織田信長が発展へと導いた現在の岐阜市。明智光秀はこの地で...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ