楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

歓声が響くまちへ-村上市長の意気込み 佐賀県嬉野市

18/10/31

佐賀県嬉野市の村上大祐市長が10月5日、トラベルニュース社大阪本社に来社した。6、7日にJR大阪駅で開催した佐賀県フェアに伴うもので、村上市長は嬉野市の観光の取り組みなどを話した。

村上市長は今年2月、佐賀県史上最年少の35歳9カ月で市長に就任した。若さと行動力に期待が高まる村上市長は、就任直後から「歓声の響き合う嬉野市」を市民とともにつくると掲げ、市内各所で対話集会を重ねている。

「2022年予定の九州新幹線西九州ルートの暫定開業で、仮称・嬉野温泉駅が新設されることになっています。観光振興を推進する上でも絶好の機会なのですが、市民の中には観光=温泉旅館を儲けさせるための施策と刷り込まれている印象を対話の中から感じました。地域と皆さんが豊かになるための手段としての観光を改めて理解いただかなくてはいけないと思っています」と話す。

ただ、新しい観光の萌芽も出始めた。「特産のうれしの茶の若手栽培農家は、お茶はもちろん嬉野市のブランド化に積極的に取り組んでくれています。4月には、うれしの茶交流館・チャオシルがオープンし交流拠点になってきました」。

嬉野温泉という宿泊拠点に加えて、新幹線開業で西九州の交通結節点としての存在価値も高めるチャンス。村上市長は、歓声が響き合う近未来のまちの姿を思い描いている。

「この雰囲気なつかしいなぁ」と、市長に就任するまでは佐賀新聞社の記者だった村上市長は、雑然とした弊社事務所をやさしく見つめてくれたのだった。

佐賀県嬉野市村上市長

村上市長(左)と
佐賀県関西・中京事務所の坂元賢治さん

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
この夏、海の鳥羽がひと際かがやく

本格的な夏の旅行シーズンが目前に迫り、梅雨明けが待ち遠しい。全国の観光地では活況に備え、魅...

瀬戸芸・日本遺産に湧く香川小豆島

3年に一度の瀬戸内国際芸術祭。瀬戸内海の島々を舞台に、世界中からゲストを集めるビッグイベン...

世界水準の山岳高原リゾート長野県で過ごす夏

世界水準の山岳高原リゾート地を標ぼうする長野県。特集後編はビーナスラインから。その中核リゾ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ