楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

海も山も食も-世界ジオを体感せよ 高知県室戸市

19/03/14

ユネスコ世界ジオパークに認定されている高知県室戸市から、室戸市観光ジオパーク推進課の眞土浩子さん、室戸ジオパーク推進協議会の小笠原翼さんがこのほど、トラベルニュース社大阪本社を訪れ、海はもちろん山も食も魅力がある室戸世界ジオパークを紹介した。

室戸市が世界ジオパークに認定されたのは「海と陸が出合い新たな大地が誕生する最前線」だからだそうだ。それが顕著に表れるのが室津港に揚がる新鮮な魚介類。陸からすぐ海が一気に深くなる特異な地形で、近海で深海魚が揚がる。その代表格がキンメダイ。

「朝どれのキンメダイが食べられるんです。新鮮なキンメダイはいつでも最高に美味しい」と小笠原さん。市内では10店舗がご当地グルメとして「キンメ丼」を提供している。眞土さんは「食を通じてジオパークをアピールしています」。

室戸岬を中心に海岸の景観もおすすめスポットだが、2人が新しい魅力として勧めるのはまち歩きと山歩き。マグロ漁船の基地として栄華を極めた室津港の歴史散策や漁師町のスナックめぐり、夕陽が美しい海岸沿いを写真撮影するまち歩き、天然杉が群生し滝に出会える山歩きのガイドツアーを実施している。「高速バスで大阪と直結、ぜひ来てください」。

高知県室戸市のお2人

高知県室戸市のお2人

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ