楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

芸備線が復旧、秋は帝釈峡の紅葉 広島県庄原市

19/07/29

広島県庄原市から国営備北丘陵公園の末長秀紀さん、帝釈峡遊覧船の門田圭司さん、庄原市観光振興課の永村明子さん、庄原市観光協会の松森潤平さんが来社。この秋にもJR芸備線が全線運転再開されることなどを紹介した。

JR芸備線は、広島市から庄原市を経て岡山県新見市までを結ぶ路線。昨年7月の西日本豪雨の影響で一部区間が不通になり、今春からは時間開通させていた。末長さんは「芸備線の開通を来年広島県で展開されるデスティネーションキャンペーンにつなげていきたいですね」。

秋と言えば、帝釈峡。帝釈峡の紅葉は全国区の知名度を誇る。それに加えて門田さんは「修学旅行のリバークルーズが年に5、6校と増えてきました」。市内に100軒を超える民泊の受入整備が整ってきたことも学校団体増加の背景にあるそうだ。

観光協会は庄原市版DMOとして、地域経営と自主財源の確保に向けて動き始めた。その一環で始めたのが、電動アシスト自転車のレンタサイクル。「いま9台あります。しまなみ海道に続く、やまなみ街道をサイクリングの場所として売り出していきたいですね」と松森さん。

広島県庄原市の皆さん

広島県庄原市の皆さん

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
巡礼の聖地和歌山県のパワー感じて

「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産登録15周年を迎えた和歌山県。“巡礼の聖地”としてこ...

海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ