楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

白浜や湯浅―ゆっくり回る“旬” 和歌山県

22/08/31

和歌山県観光振興課の井本ゆかさんと室井優佑さん、湯浅町観光協会の北村智啓さんと宮地孝之介さん、南紀白浜観光協会の長谷川孝幸さんがこのほどトラベルニュース社大阪本社を訪れ、旬の観光情報をPRした。

白浜町では夏期の花火ラリーに続き、10月1日に「南紀白浜ドリームランタン」を初めて開催するほか、12月からは「白良浜シーサイドイルミネーション」も。長谷川さんは「ぜひ白浜温泉に宿泊してイベントをお楽しみください」。

湯浅町では、醤油蔵が並ぶ伝建地区をはじめコンパクトな町内をレンタサイクルでまわる「おでかふぇサイクリング」を始めた。コーヒー豆やバーナー、マグカップをセットし、自転車で気に入った場所へ走る。北村さんは「今後は和菓子の店も紹介し、町の楽しみとして定着させたい」と話す。

和歌山県は23年に「弘法大師御誕生1250年」、24年に「世界遺産登録20周年」、25年に「大阪・関西万博」とビッグイベントが続く。

井本さんは「ダイヤモンドイヤーと位置づけ、従来以上に力を入れてキャンペーンやイベントを展開していきます」。

和歌山県の皆さん

和歌山県の皆さん

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。22年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ