楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

高知モデルを体感

18/02/14

今回の本紙2月10日号は、14日に開催される全旅協主催の「第12回国内観光活性化フォーラムinこうち」記念号として発行した。

高知県は昨年3月に「志国高知幕末維新博」の第一幕をスタートさせ、博覧会23会場で140万人を超える来場者を記録した。メーン会場の県立高知城歴史博物館は1月末で入館者が19万人に達し、地域会場への来場者も前年比136%と、うれしい悲鳴が聞こえてくる。4月21日からは第二幕に突入する。リニューアル中だった県立坂本龍馬記念館がグランドオープンするなど、各地の資料館なども充実した展示を行い、本格的な幕末維新博が始まる。

主幹産業を観光と位置づける高知県は、観光を主体に移住促進や人材育成のほか諸々の施策を官民一体で行っている。口では響きのいい官民一体と言いながら、内向きな仕事しかしない行政職員や自社のことしか考えていない民間企業が少なくない中、高知県はマンパワー重視で官民の担当者が同じ目線で物事を考え行動している。それはまるで150年ほど前の〝同志〟のようだ。

2月14日には全国から旅行会社を中心に多くの観光関係者が高知県へ行かれると思うが、各自で高知県の観光のあり方を見て感じてほしい。本紙でも「高知モデル」を近々に紹介したい。

(トラベルニュースat 18年2月10日号)

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
世界に誇る新潟美食旅

2019年のDC(デスティネーションキャンペーン)本番を前に、10月1日から「新潟・庄内プレDC...

旅で四国を元気に!愛媛編

四国特集のラストを飾るのは愛媛県。瀬戸内海の風光明媚な風景と古湯の風情、温暖な気候と歴史が相ま...

旅で四国を元気に!高知編

四国特集第3弾は高知県。明治維新の節目を機とするゴールデンイヤーがいよいよ大団円を迎え、次なる...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ