楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

新しい教育旅行のカタチ(1) 留学生と大阪のまち歩き/JTBの「B&S」

コロナ禍で大きな影響を受けた一つが学校行事。入学式や卒業式、運動会、文化祭などが軒並み中止や規模縮小になった。なかでも観光業界にとって痛手となったのが、修学旅行をはじめとした教育旅行。行き先を近場に変更するのは子どもたちにとってまだいい方で、やむを得ず中止を選択した学校も少なくなかった。ウィズコロナ下の教育旅行で新しい提案を行い、実施された2つの事例を紹介する。

大阪の魅力を同世代が紹介する着地型教育旅行プログラム

専門学校に留学している学生がナビゲーターとして同行し、英真学園高校(大阪市淀川区)の1年生とまち歩きを楽しむユニークな教育旅行が10月28日に行われた。企画は、JTBが大阪観光局と留学生支援コンソーシアムとともに取り組む体験型教育旅行「大阪B&Sプログラム」。

B&Sは兄弟姉妹を意味し、国内外から大阪を訪れる教育旅行のナビゲートを大阪府下の大学や専門学校で学ぶ学生が務めるというもの。大阪の魅力をほぼ同世代が親しく紹介する着地型教育旅行プログラムとして打ち出していた。

英真学園高校はこれまで、マレーシアなど海外修学旅行を実施。海外修旅が困難な中、生徒たちの国際交流を実現しようとB&Sを選んだ。

課外授業として行われた当日は、駿台観光&ビジネス専門学校で学ぶネパールやベトナム、スリランカなど6カ国の留学生13人が通天閣、大阪城コースに分かれて53人の高校生をナビゲート。留学生は日本語が堪能だが、生徒たちとの会話は英語でのコミュニケーションに限定した。このうち、通天閣コースは7班に分かれ、記者が同行した班は電車を乗り継ぎ、新世界を散策。通天閣の展望台から見つけた大阪城天守閣を生徒が留学生に、一生懸命に英語で伝えていた。

大阪B&Sプログラム

大阪B&Sプログラム

通天閣や大阪のまち歩きを楽しむ留学生と生徒

修旅再開とともにB&Sの問い合わせは増加しており、JTBなどでは大阪ならでは教育旅行としてアピールしていく。

(トラベルニュースat 21年11月10日号)

(次の記事)新しい教育旅行のカタチ(2) オンラインお笑いライブ/吉本がサプライズ演出

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽が拓く安心安全ベースの観光新時代

コロナ禍の出口に光が射し、旅行市場もようやく動き始めた。三重県鳥羽市は早くから安心安全な...

観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ