楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

全旅連がビジネス参入

18/03/26

全国旅館ホテル生活衛生同業組合連合会(全旅連)は1958年に厚生大臣から認可された団体で、旅館ホテルの衛生関係の向上や経営安定のための事業を主に行ってきた。

また特消税の撤廃に向け政治運動を展開したり、現在も民泊経営の健全化や耐震改修に伴う陳情、NHK受信料に関する話し合いなど、旅館ホテルの経営環境を改善する取り組みを中心に活動している。

そうした中、2018年度の事業計画に「観光ビジネス」が加わるという。6月に九州で開かれる総会、全国大会で発表される予定だ。これまでの生活衛生中心の活動から観光ビジネスという名のもとに、商売に関する事業に積極的に参入する。

以前から“省壁”を越えて国交省管轄の観光事業に関わってはきたが「全旅連は政治運動だけしておけばいい、生活衛生に特化した事業だけでいい」といった声もあった。これからは事業として観光ビジネスに取り組むことを正々堂々とうたうわけだ。

具体的にどのような観光ビジネスを行うのか明らかになっておらず、他の宿泊団体との整合性といったことも出てくるかもしれない。ただ、生活衛生の観点に立った観光ビジネスが全国の旅館ホテルにどのように役立つのか、6月の発表に注目したい。

(トラベルニュースat 18年3月25日号)

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
旅で四国を元気に!香川編

7月に発生した平成30年西日本豪雨は四国各地に大きな被害をもたらした。だが、こういう不測の事態に...

秋の愛知で体感想像のその先

愛知県とJRグループは共同で大型観光キャンペーン「愛知デスティネーションキャンペーン(DC)」...

海と生きる三重伊勢志摩感じて

三重県伊勢志摩は、伊勢神宮への篤い信仰と独自の風土を軸とした唯一無二の観光文化に、国内外から注...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ