楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

木下大サーカスの集客

19/03/11

幼いころ、一度はサーカスを見に行った記憶が多くの人にもあると思う。前時代的なイメージがあるサーカスだが、今、JR大阪駅北にある「うめきた」で木下大サーカスが開催されており、20年ぶりの大阪公演は大盛況だという。

年間120万人を集客するという木下大サーカスは1902年(明治35年)の創業から木下家四代にわたって続く同族企業で、世界のサーカス団の中でもトップ級を誇っている。「木下サーカス四代記 年間120万人を魅了する百年企業の光芒」(山岡淳一郎著)によると、宝塚歌劇を見ることのできる宝塚大劇場の年間入場数が119万人だから、ほぼ同等の集客数だ。インターネットで情報があふれかえり、多種多様なエンターテインメントが続々と登場するなかで、木下大サーカスはなぜ集客し続けているのか。

公演地の選定と公演現場の運営、営業・販促、そして演目という3つが揃わないとサーカスは成り立たないそうだ。今回の「うめきた」での公演も20年前からの土地所有者との人間関係があったればこそで、初演までに20年もの準備期間をかけている。

地元新聞社やテレビ局との連携も含めて、集客でもっとも重要な要素は、人との関わりであることを改めて我々の業界も知っておきたい。

(トラベルニュースat 19年3月10日号)

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花が呼び込む春−地域華やぐ旅の旬

まもなく3月、四季があるありがたさを感じる春がくる。野山を、まちなかを花々が艶やかに包むと旅へ...

地域文化に浸る艶やか雛祭り紀行

桃の節句の艶やかさは、子どもだけでなく大人の心、そして地域全体にも春の明かりを灯す。日本固有...

いだてんヒーローのふるさと“ランナーの聖地”へ

平成から新時代へと切り替わる歴史的な年に、NHKが送り出した大河ドラマは「いだてん―東京オリ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ