楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

石旅協の取り組みに学ぶ

20/06/25

コロナ禍の影響で疲弊する宿泊施設や旅行会社を支援する「県内宿泊応援事業」の取り組みを行う地方自治体が増えている。過去の「ふっこう割」など、この手の事業は大手旅行会社やオンライントラベルエージェントが窓口となるケースが多く、地域に根差した中小旅行会社は対象を外れることが少なくなかった。「我々も事業のなかに組み入れてほしい」といった声を上げることもなかった。

ところが今回のコロナ禍での一連の動きに関しては、全国旅行業協会の各支部の中で活発に動くところが出てきた。なかでも石川県の場合は事業を取りまとめる窓口にもなっている。全旅協会員旅行会社でも、つい先日まで客がまったくいなかった状況が、開店4時間前の朝6時から並ぶ客がいたり、午前中だけで80組以上の予約を受け付ける店舗もあるなど、かつてない反響が出ている。

石川県支部のトップによると「これまで県に諸々の事業に協力してきた結果として、窓口を任されたのだと思います。行政の方は当初任せて大丈夫なのか不安だったそうです」と笑うが、「この流れをGo Toトラベルキャンペーンにつなぎたい」と手応えを話す。

県の事業に関わり、声を上げること。石川県の流れがどんどん広がっていくことを期待したい。

(トラベルニュースat 20年6月25日号)

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ