楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

ピンチをチャンスに 日本観光振興協会・久保田穣理事長に「ウィズコロナ下の観光」聞く(2) 新しい価値を創造

新しい旅のスタイル啓発と地域・産業の支援

−ウィズコロナで、安心・安全な観光に関心が高まるなか、宿泊、旅行、航空、クルーズと各業界が感染拡大防止のガイドラインを発表しています。観光復興のプロセスではどういった取り組みが必要でしょう。

各地域においても安心・安全に向けた取り組みが進んできており、例えば神奈川県観光協会では混雑情報の提供や、店舗などに対して「感染防止対策取組書」を発行する取り組み、佐渡観光交流機構では「佐渡クリーン認証」など、旅行者の安全・安心に向けて各地域で様々な取り組みがスタートしています。

協会としても、安心して旅行に出ていただくための各地域や企業での取り組み情報を一括して提供するウェブサイトや、動画の配信などに取り組んでいるところです。

また、観光業界全体では、当協会も加わり「旅行連絡会」という組織で「新しい旅のエチケット」を6月18日に発表し、啓発に努めているところです。

−Go Toトラベルキャンペーンの位置づけや期待、貴協会の役割について教えてください。

当協会としては、これまでにキャンペーンの早期実施を政府に対して要望してきた経緯もあり、非常に大きな期待を持っています。人間の営みに不可欠な観光を国民に半額で提供することで、需要も創出する優れた政策です。地域にしっかりとした経済効果がもたらされることを期待したいと思います。

当協会の役割としては、旅行が安心して行えるような情報発信や感染拡大を防ぎながら旅を楽しんでいただく新しい旅のスタイルの啓発に努めるとともに、地域と産業双方の会員から成り立つ組織として、地域の魅力の発信などを通じて、キャンペーンを双方の利益へとつなげる取り組みを行っていきたいと考えています。

日本観光振興協会・久保田穣理事長

観光産業だけではなく、様々な産業との連携による取り組みに
意欲を示した久保田理事長

−最後に観光立国推進協議会のとりまとめ役として、コロナを乗り切るための異業種間の連携の方法や、会員である各地の自治体や観光協会へのメッセージがあれば、教えてください。

「ニューノーマル」という言葉に代表されるように、ウィズコロナの世界では、新しい価値観に基づき、今までのいわゆる「観光産業」だけではなく、様々な産業との連携による新しい取り組みとそれによる価値創造が必要になってくるものと考えます。

当協会では旧日本観光協会と旧ツーリズム産業団体が合体してから10年目を迎えるにあたり、先ごろ協会の理念・役割・行動指針などを改めて整理したところでありますが、産業間のネットワークを構築し、新しい価値を創造するとともに、それを育んでいくということはまさに当協会の役割の一丁目一番地でもあります。今回のコロナ禍というピンチを業界全体として未来に向けてはばたくためのチャンスにつなげていけるよう、協会としても全力を尽くしてまいりたいと考えておりますので、ご支援とご協力のほどよろしくお願い申しあげます。

(トラベルニュースat 20年7月10日号)

(前の記事)ピンチをチャンスに 日本観光振興協会・久保田穣理事長に「ウィズコロナ下の観光」聞く(1) “不要ではない”旅行の回復へ

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ